体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年06月02日

有事7法案の審議、この3日が勝負らしい

関組長のレポート他、国会をウォッチしている人たちの情報によれば、民主党の参議院議員の中には、今回の有事法案に強く反対している人たちがけっこういるようです。
でも、いつもの「党議拘束」ってことになると、ホントは反対なのに賛成に投票せざるをえなくなる・・・なんてことにまたなっちゃうかもしれません。
でも、反対の議員さんたちの声が大きくなれば、民主党の上の人たち(この件では、京都2区[左京区・東山区・山科区]の前原誠司衆議院議員 とか)も党内の反対の声を無視できなくなります。
民主党の良識のある参議院議員さん達をバックアップしよう!

バックアップの方法は例えば下の2つ:

1.民主党や、この件の中心人物前原誠司議員 とか に、有事7法案に
 反対だという抗議のアピールをする(FAX・電話・メールなど)。
 なぜ抗議かっていうと、衆議院では民主党は賛成しちゃいました。

2.民主党参議院議員の人たちに、「民主党の参議院議員の皆さんの
 中には、有事7法案に反対している、廃案にすると言っている人たち
 が多いと聞いています。頑張ってください!」と熱いファンレター
 を出す(FAX・電話・メールなど)。続きを読む
posted by hana at 14:18 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日【6/2日比谷】廃案にせよ 年金改悪法案 有事関連法案 中央決起集会

めちゃくちゃ急なんですけど、今日あるらしいです:

2004/06/02
廃案にせよ 年金改悪法案 有事関連法案 中央決起集会
午後6時30分〜。
日比谷野外大音楽堂。集会後、国会デモ。
主催:全労連、国民大運動実行委員会、中央社保協、
    安保破棄中央実行委員会、
    有事法制は許さない運動推進連絡センター。
連絡先:03-5842-5611全労連

以上、http://www.labornetjp.org/labornet/EventItem/kw2004060105 より

その他の今日のイベントは
6月のイベントカレンダー
を参照して下さい。
また、
今日のイベントは?
にカレンダーにない急なおしらせが入ることがあります。
posted by hana at 10:48 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/6名古屋STREET PARTY/SOUND DEMO! 〜DISCHARGE YOUR ANGER〜

路上解放!ストリート・パーティー/サウンド・デモが
今度は名古屋で* 注)あるらしいです:

名古屋の仲間が管理教育・トヨタイズムで有名な沈黙の街
  名古屋市でレイブデモを開催するとの連絡が入った!
   全ての仲間は事情が許す範囲で呼び掛けに応え
   この行動に参加しよう!

  STREET PARTY / SOUND DEMO!
  〜DISCHARGE YOUR ANGER〜
   2004.6.6(SUN) ろくでなしの日


12:00〜 準備&交流 @矢場公園(ロフト前)
14:00〜 デモ出発 栄一周
http://www.geocities.jp/saluton_nagoya/ ←情報サイト

雨降ったら、、、中止。
最寄り駅は地下鉄名城線「矢場町」です(地図

フライヤー   (PDFファイル)

デモコース(地図あり
ヤバ講演→大津通→若宮大通→久屋大通
→広小路通→栄交差点→大津通→
白川通大津交差点入ル→
ロフト(ナディアパーク)左折→ヤバ講演

ヨビカケ続きを読む
posted by hana at 08:34 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座の旭屋書店

で、「国民を戦争にひきずりこむ有事法制ストップフェア」 というのをやっているそうです。憲法関連の書籍も揃えているとのこと。(下のWebには載ってないけどやってるそうです)
○旭屋書店 銀座店Website(地図もあり)
 http://www.asahiya.com/shop/eastjapan/tokyo-tonai/ginza/index.asp
 〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1銀座東芝ビル 1F
 最寄駅 地下鉄丸の内線・銀座線:銀座駅より屋内通路にて連絡
posted by hana at 03:34 | TrackBack(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反戦・自衛隊派遣反対の人たちは、人質事件や今回の橋田さん・小川さんたちの死を利用している

彼らの死や事件を、政治的な思惑に使うべきでない、という意見は、人質事件のときも目にしました。続きを読む
posted by hana at 02:54 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉のみなさん、昨日5/31の埼玉新聞、

まだ捨てないでとってますか?

えほん「戦争のつくりかた」の記事が埼玉新聞 にも、昨日5/31付けで載りました。紙面Check してみてくださいね

Web版 より
(井上さん)「絵本の中身は明日起こるかもしれないこと。これを読んで自分の答えを導き出してほしい」

「法案は有事の際だけではなく『あらかじめ』という言葉で有事に備えた啓発や訓練も定めている。恣意的に運用するための『必要に応じて』という言葉も多く、基本的人権を拘束するおそれがある」と問題点を指摘。

絵本は既に施行されている法律や政令、今後整備が予定されている法の内容なども踏まえた物語で、戦争のために国民が家や土地を提供したり、軍隊の活動を支援する義務が発生する可能性などを簡単な言葉で説明。「人のいのちが世の中で一番たいせつだと、今までおそわってきたのは間違いになりました。一番大切なのは、『国』になったのです」と警鐘を鳴らしている。


一部の地域の朝日新聞にもまだ載る(or 既に載っている)かもしれないのでそっちもCheck してみてくださいね。

◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!

政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね
「備えあれば憂いなし」って、↑ 何の(誰の)ための "備え" なの?

―いまにほんでおこっていること ―「この本が流行になれば小泉政治は終わる」――
Clip This Article! by MyClip
posted by hana at 00:06 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月01日

6/5[京都市]ジャーナリストが見た戦火のイラク―安田純平さん イラク報告会

本当のことを聴いてみませんか
  氾濫する情報よりも、自分の目と耳で確かめてみたいから・・・

イラク攻撃より1年余、すでに1万人以上の人々が殺されています。
その人たちの命はわたしたちと同じ重さです。
イラクで武装グループに拘束されたフリージャーナリストの安田さんが
自分の目で見たこと、聞いたこと、
危険を冒して私たちに伝えたかったこと。
まず、それを聴くことから始めたい。
たくさんのみなさんのご来聴をお待ちしています。

<安田純平さん プロフィール>
 ジャーナリスト。30歳。
 一橋大学卒業後、97年、信濃毎日新聞に入社。
 在職中の02年12月に休暇を取ってイラクを訪れた後、
 退社してフリーに。
 03年2月、イラク戦争開始直前に現地入りし、
 「人間の盾」として滞在を続け、空爆下のバグダッドで取材を続けた。
 その後も繰り返しイラクを取材し、
 「多くのイラク人が人知れず殺されていくのが許せない。
 戦争は終わっていない」と訴え各地で写真展や講演を行う。
 04年4月14日渡辺修孝さんとともに武装グループに拘束されたが、
 先に解放された3人に続いて4月17日に
 イスラム宗教者委員会の仲介のもと、無事解放された。
 「囚われのイラク」(現代人文社・1500円)5月28日発売

    ―ジャーナリストが見た戦火のイラク―
       安田純平さん イラク報告会
続きを読む
posted by hana at 23:48 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【6/5緊急シンポジウムin京都】 「関西NGOと市民が問い直すイラク『人質』事件 & 邦人殺害事件」−「自己責任論」とNGO・マスコミ−

今年4月、イラクで
NGO関係者・報道関係者が拘束され、
拘束したグループが日本政府に対し
自衛隊の撤退を要求するという出来事が起こりました。

そのことをめぐって、日本政府・マスコミは、
自衛隊派遣と今日のイラクの混乱、民衆への弾圧、
虐殺などの本来究明されるべき原因を無視する一方、
人質となった人々に対しての「自己責任」と称する
バッシングによって責任転嫁し、
また根本的な責任の所在から
世間の目を逸らそうしています。

私たちは、一部の政府や企業主導による
資本主義グローバル化が、
多くの人々の犠牲の上に行われているという、
不公正な世界であることを痛感しています。

イラクへの自衛隊派遣が
その資本主義戦略の流れにあるととらえると、
イラク「人質」事件を「自己責任論」に
責任転嫁させるのではなく、
米国主導のイラク侵略と、追随しての
自衛隊派遣・ODA拠出の意味を明らかにし、
今回のバッシング報道を問い直す必要があると思い、
このシンポジウムを企画しました。

そんな流れの中、イラク入りしていた邦人ジャーナリスト2名が殺害されるというショッキングな事件が報じられました。
彼らが自分の危険をすら省みず、伝えたかったこととはなんなのでしょうか。
命と引き換えに伝えたかったことを、私たちはどうくみあげればよいのでしょうか。
急激に変化するイラク情勢をどうとらえ、どう行動すればいいのでしょうか。
現役新聞記者、ジャーナリズム論学者、NGO代表がその答えの一端を示します。

命を守る市民の動きと連帯し、
より大きなムーブメントとしていくために!

            ジュビリー関西ネットワーク代表 小林聡
 
6・5緊急シンポジウム in 京都
「関西NGOと市民が問い直すイラク『人質』事件&邦人殺害事件」
−「自己責任論」とNGO・マスコミ−

日時:2004年6月5日(土)午後6時〜9時続きを読む
posted by hana at 23:27 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人ジャーナリスト銃撃事件に関するWorld Peace Nowの緊急声明

緊急声明
日本人ジャーナリスト襲撃事件の責任は日本政府の自衛隊派兵にあります。自衛隊の即時撤退と、占領の終結、イラクの人びとへの主権の返還を要求します。

 5月27日、イラクのバクダット近郊マハムディヤの国道で、日本人ジャーナリスト(橋田信介さん、小川功太郎さん)らの乗った車が何者かの銃撃を受け、橋田さん、小川さんらが亡くなったと報道されています。この2人はフリーのジャーナリストとして、ともすれば覆い隠されがちなイラクの戦場の実態を取材活動を通じて日本をはじめ世界むけて発信し、イラクの市民たちに心を寄せながら戦争の終結を願って行動してきた人たちです。この間、米英軍など「有志国」軍のイラク攻撃と占領に反対し、自衛隊の派兵に反対し、占領軍の撤退を要求してきた私たちは、このたびの事件を深く悲しむと同時に、こうした攻撃に対し、心からの怒りと抗議の意志を表明します。
 この襲撃者が何者であるのかは不明ですが、このところ、ファルージャやナジャフ、あるいはバグダット周辺などで米軍が激しい軍事攻撃を行い、あるいはイラクの人びとへの拷問・虐待事件を引き起こしてきたことと関連があるであろうことは容易に想像がつきます。とりわけ自衛隊のイラク派兵、占領加担がイラクの人びとの日本人への失望と怒りを呼び起こしていることは理解に難くありません。自衛隊の駐屯するサマワの街ではまた砲撃事件がありました。
 もはやサマワもふくめイラク全土が戦闘地域であることは明らかで、この現実は小泉内閣が自衛隊派兵の根拠としている「イラク特措法」にすら反しています。先般の5人のNGO活動家やジャーナリストの拘束事件に際しても、政府は自衛隊撤退を拒否し、あろうことか「自己責任」論まで振りまいて自らを正当化しようとしましたが、今回も日本政府はひたすら米国政府の顔色をうかがうだけで、自衛隊を撤退させようとはしていません。こうした小泉内閣の姿勢は憲法第9条を持つ国の政府として絶対に許されるものではありません。
 私たちは今回の事件の責任が日本政府の自衛隊派兵にあることを厳しく指摘し、自衛隊の即時撤退と、占領の終結、イラクの人びとへの主権の返還を要求して運動を続けることを声明します。

   2004年5月30日
   WORLD PEACE NOW実行委員会
 
   連絡先・市民連絡会気付
   TEL03−3221−4668/FAX03−3221−2558
   東京都千代田区三崎町2−21ー6ー302
   HP http://www.worldpeacenow.jp/
posted by hana at 20:27 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月31日

今晩締切の署名+明日6/1佐世保で人質被害者渡辺修孝さんの帰国報告集会 他

http://peace-event.seesaa.net/article/165503.html
【共同声明に賛同を・第一次集約5月末日】ファルージャの虐殺とイラク全土の戦場化のなかで 米軍の武力行使の即時中止と日本政府の戦争支持撤回、自衛隊の撤退を訴えます

http://peace-event.seesaa.net/article/183601.html
6/1佐世保「本当のイラク戦争」帰国報告集会

これ↓も締切あさってです:
http://peace-event.seesaa.net/article/173627.html
【6/2必着】7月参院選に向けて:あの人だけは当選させたくない!私は忘れない、あんな言動・こんな行動アンケート

続きを読む
posted by hana at 20:27 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。