体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年04月16日

【今日18日・東京2pm〜】全国・全世界の人々が5人を解放した。すべての「人質」の解放を!占領軍はいますぐイラクでの軍事行動をSTOP! 全占領軍と自衛隊は撤退!

終了
わたしたちは、2人の拘束にも責任があります。
自衛隊が撤退するまでは。なぜならこの国は戦争を支持したのだから。
(政府が自己責任というなら。
 わたしたちは自分を含むみんなの責任だとでもいうかね。)

そして、生きてる私たちは、ファルージャで起こってること
http://www.jca.apc.org/%7Ekmasuoka/places/iraq0404d.html
にも責任があります。
(沖縄、辺野古のキャンプ・シュワブから海兵隊1600名が行っている。ちなみに辺野古はジュゴンが住んでいるが、新基地開発で大きな影響が出る。環境破壊と軍事と基地依存経済と政治のつながり。)
(ちなみに、週末はアースデイでもあります。)

さらにこの先起こるいろんなことにも責任があります。
わたしたちは共に生きているのだから。共に生きざるを得ないのだから。
共に生きないと生きていけないのが人間かもしれないのだから。

今の政府は自己責任と言い続ける無責任政府です。
わたしたちにはもっとまともな政府が似合います。

わたしたちには、もっといい世界が、いい日本が似合います。
もっといい世界、いい日本を創るのは、わたしたち自身です。

日本政府のしていることは、日本の人が変えられます。
(それが民主主義。)
共に未来を創っていきましょう。
人間のしていることは、人間が変えられます。

「私達は無力なんかじゃない。
 私達は誰もひとりなんかじゃない。」
http://give-peace-a-chance.jp/118/

"WORLD PEACE"を創るのは私達ひとりひとりです。

WORLD PEACE NOW
http://www.worldpeacenow.jp/

連絡先:市民連絡会
     TEL03-3221-4668
     kenpou@vc-net.ne.jp



posted by hana at 06:52 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日18日・いわき6pm〜】撤兵求めるキャンドルビジル

終了
ファルージャでは、米軍によって病院が爆撃されました。600人以上の市民が殺され、市内のサッカー場が墓地になるというすさまじい虐殺が続いています。 2000人を血まみれにして治療も追いつかない状態にしておき、さらに病院や救急車を攻撃する米軍。イラク市民を大虐殺する米兵を運んでいる日本の自衛隊(航空自衛隊)。どうしてこれが人道支援といえるのでしょうか。

イラクの人々は自衛隊がCPAの一員で米軍を支援していることを知っています。誰も人道支援が主目的とは思っていません。

拘束された三人を救う唯一かつ最善の方法は、自衛隊の撤退ですが、小泉政権は「自衛隊を撤退しない」と言っています。国民の生命と安全を守るべき総理大臣が、それを軽視するどころか脅かしています。第一報を聞いても二時間も酒を飲み続けたという事実一つでも辞職に値します。何という冷血でしょうか。

米軍の大虐殺を止め、人質の命を救うために、あなたもろうそくに火を灯してください。

平和の祈りの会 (連絡先ピースネット
http://homepage2.nifty.com/uchigo/action040418.pdf
posted by hana at 06:28 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/15,18東京「三人を救おう!自衛隊はイラクから撤退を」

終了
「テロに屈するな」 ではない。
「テロに国民を巻き込むな!」

交渉・撤退・アメリカを正す
平和なやり方ならテロを呼び込みません

アメリカに救出を頼んでもテロ弾圧なだけ。救出には裏目。
解放報道は市民外交の賜物。なのに毅然がよかったじゃ事態悪化

      4/15,18「三人を救おう!
      自衛隊はイラクから撤退を」


イラクで非道を行う米軍に協力する自衛隊は撤退。
これ以上誰も拘束されないために。早ければ早いほど死者は少ない。
イラク特措法に従って。あるべき支援のために。
そして拘束されるイラク人と世界中の人のためにも米軍の撤退を

主催:WORLD PEACE NOW http://www.worldpeacenow.jp/
posted by hana at 06:06 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東京・明日17日】学習会のご案内「ガンジーの視点から現代文明・平和運動を見直す」

終了
 「こんなにたくさん平和を望んでいる人がいるのに、世の中が平和にならないのはなぜか」
 日本のガンジーと言われた阿波根昌鴻(あはごん しょうこう)さんはよくこう言われていました。また阿波根さんはこんなこともよく言われていました。
 「口先だけでいくら叫んだところで強い権力の座にある戦争屋に勝つことはむつかしい。戦争反対は生活の中から始めなければならない。戦争屋の喜ぶことはしてはならない」「平和をのぞむ運動家は、生活の場でも平和でなければ本当の平和は実現しい」

 そしてガンジーも、マスコミ等で取り上げられるのは彼の政治運動家としての側面が多いですが、実際は政治的場面よりも生活改善の運動により多くの時間を費やしていました。彼はイギリス軍を追い出しても、それと同じシステムを採用するのであれば、統治者が変わるだけで、インドの抱える問題は解決できない。真の独立は得られない。重要なのは精神的自立であり、そのためには一人ひとりが経済的自立をしなくてはいけない。そのためにガンジーがが採用したものがチャルカ、糸紡ぎだったのです。

 ガンジーも阿波根さんも、戦争の原因、平和を作り出すのは自分たちの生活の中にあることを見抜いていました。

 田畑さんは学生運動、労働運動などを経験し、これには限界があると感じ、人間らしい生活を求めて妻子と共に田舎暮らしを農業を始めます。それと同時に自分がかつてつらかった時に安らぎを与えてくれた棉(わた)に関心をもち、また「衣の自給」を目指して調べていく途上で「ガンジー」に出会いました。

 「平和のために、自分は何ができるか」よく聞かれます。忙しくて運動には参加できない、デモにも行けない。デモに参加したけど戦争は止まらなかった。どうしたら平和になるのか・・・。

 田畑さんは言います「反対運動やアンチ運動というのは問題が次から次へと出てきて追いつかないというものです。ガンジーさんもそうなんだけど社会を根底から変えていく、そこが問われていると思うんです。いわゆる体制じゃなくて文明を根底から変えていく必要があると思うんです。現在の自然を破壊して物を得る物質文明、それを変えていかない限り問題は続発すると思うんですね。」

 また田畑さんは『自立の思想』のあとがきでこう書いています。「ガンジーの訴えたチャルカの思想は決して昔の生活に戻れということではなく、近代文明のまさに末期を生きるこの時代にあって、その本質を見据え、私たちの明日の具体的生き方を考えるうえで重要な意味をもっていると私は考えている」。

 田畑さんは現在、農業のかたわら、途絶えてしまった和棉(わわた)の復興、チャルカの講習会を主宰してガンジーの思想・実践を人々に伝えています。当日はお話しのほか、チャルカの実演もあります。

「平和のために、自分は何ができるか」その答えを見つけにぜひいらしてください。

講 師:田畑 健
    (『ガンジー 自立の思想』編者、鴨川和棉農園代表、
      和棉のタネを守るネットワーク事務局長)

主 催:非暴力平和隊・日本(NPJ) 
     ピースネット          

--------------------------------
〒113-0001
東京都文京区白山1-31-9小林ビル3F
ピースネットニュース
http://www.jca.apc.org/peacenet
--------------------------------
posted by hana at 03:55 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【浜松・明日17日,18日】イラク派兵反対署名活動とピースウォーク

終了 
  イラクでは今も戦争が 爆撃が 続き
  全土が戦場です
  これ以上 殺しあいをやめさせよう
  自衛隊員の血が流れる前に
  自衛隊員がイラク人に発砲する前に
  イラクから撤退させよう

  流血の占領支配をやめさせ
  国連統治下で医療・教育・生活等の
  人道復興支援を
  イラクはイラク人の手に

主 催 : 基地のない平和な浜松をつくる会・
     原水爆禁止浜松市協議会
核兵器も戦争もない平和な世界を Peace浜松 HPより
posted by hana at 03:48 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【室蘭・今日17日2pm〜】自衛隊撤退を訴え、米軍の軍事殺戮に抗議

終了
室蘭ピースウォーク実行委員会
イラク殺りくを許さない会
Ichiro KASAI
http://homepage1.nifty.com/KASAI-CHAPPUIS/
posted by hana at 03:36 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【長野・明日17日,18日】自衛隊即時撤退と即時全面停戦を ―安田純平さんからのメール―

終了
subject :お願い!安田純平さんについて−2
送信日時 : 2004/04/16 20:29

>発信者の岡崎さんは、長野の運動仲間です。
>付け加えますと、
>彼は昨年のイラク戦争開始に前後して、
>人間の盾に加わり現地入りをしていました。
>その時も長野の仲間は大層心配していましたが、
>一方で、
>彼の置かれている状況そのものを含めて、彼の行動・人柄・仕事を、
>日本にいる我々が紹介し、運動に活かすことこそ、
>彼の望むことではないか、、、
>などと考えていました。

>今こんなことになって、ますますその思いを強くしています。

>今回私が転送するメールについて、
>削除あるいは確認した方がよい点などがありましたら、
>私の方で連絡を取ります。

とのことです。どうぞよろしくお願いいたします。

(転送1件目−安田さんからのメール)-----------------------

お世話になっているみなさま

バグダッドにいる安田です
今回の日本人拉致事件について
イラク人の反応を記事にしました
東京新聞12日付け夕刊に掲載されたそうです
通信事情の悪化などからかなり遅れまして
ボツの危機をかいくぐっての掲載です

高遠さんが面倒みていた少年たちも心配してる様子
「3人の日本人が大切なのはわかるが、連日何百人と殺されているイラク人のことも
同様に尊重すべきではないか」
とイラク人スンニ派住民に皮肉られた話
などをまとめました
3人の友人のために自衛隊派遣反対の行動をするのはよいとして
では戦争支持から、自衛隊派遣と続く中で今までイラクの現状に対して何をしてきたのか
という反省をこめたつもりです

なかなか手に入らないかと思いますが
お暇な方、ご覧いただけると幸いです

取材をしたのが9日の夕方まででしたが
陰謀説の好きなイラク人が
今回は当初から「やったのはイラク人。だから無事に帰ってくるよ」
と楽観的なことを言っていました
最初から地元武装勢力の行動と知っていたんでしょうかね
根拠を聞いてもちっとも教えてくれなかったのですが・・・

今は街中で「出歩いてるとさらわれるぞ」とからかわれます
あいかわらず「日本人は友達だ」というイラク人は多いです
今回の事件で
「自衛隊以外の日本人は米国に味方しに来たわけではない」
という認識をした人もいるかもしれません

せっかくイラクにおりますので
記事についてだけでなく
いろいろご意見くださるとうれしいです
可能な限り議論が展開できればと思います

**************************************
安田 純平


(転送2件目−岡崎さんからのメール)-----------------------

みなさま。
長野市の岡嵜啓子です。

昨夜、イラクでフリージャーナリストの安田純平さんと、
渡辺修孝さんという方が、
武装集団に連行されて行方不明になっているというニュースが入りました。
安田さん、渡辺さんの所在についても、
安否についても、何ら確認されていないというのが事実のようです。

今朝2時頃、M新聞の記者からの電話でニュースを知りました。
驚きました。
昨日(14日)11:56am(たぶん日本時間)に送信された
安田さんからのメールを夕方開けたばかりでしたから。

安田さんとは1年あまりのおつきあいです。
昨年5月と今年2月に、
「安田純平さんのイラク現地報告会」を長野市で開きました。
伊那、松本でも友人たちが安田さんの報告会を開いています。
1回目は、2003年2月17日から4月16日まで、
つまり米英軍のイラク攻撃前から、バグダッド陥落の後までを
「シールド」ビザで、イラクにとどまり続け、撮り続けた報告でした。

2回目は、昨10月11日から25日までの再訪の報告でした。
この短い訪問は、しかし、2〜4月にイラクで取材した人々の
「その後」を訪ねるという強い意志に貫かれて、報告会もとても印象深いものでした。
安田さんが3月にイラクで出会ったシーア派の医師は、
米軍の攻撃とその後の封鎖により、
自動車の中で腐敗し、膨張しきったイラク人の遺体を処理しながら、
「・・・それでもアメリカがフセインを攻撃してくれてよかった。」
と話していたそうです。
が、10月にもう一度その医師を訪ねたとき、
彼は、米軍の市街地攻撃により、亡くなっていたそうです。
妻と遺児をひきとった義弟は、
「米軍はなんの説明も補償もしない」と。

この2回目の報告を聞いて、
私はたぶん初めて安田さんを尊敬し、彼に共感しました。
「旬」に飛びつき、その場限りの取材をするのではなく、
イラクに暮らす人々に寄り添い続けようとしているジャーナリストとして。

「今月14日からイラクに行ってまいります」
というメールを安田さんからいただいたのは3月3日でした。
「もどったら、3回目の現地報告会を」
という約束は、その前からできています。

3人の「日本人」がイラクで拘束されたという報がはいったあと、
10日に個人メールを、12日に同報メールを送ってくださいました。
(鈴木注:これが先の安田さんからのメールです)
私はこの同報メールを、チラシに載せて公開する許可を安田さんに求めました。
それへの返信が14日11:56送信のメールです。

> 了解しました
> じゃんじゃん使ってください

と結ばれています。
だから、じゃんじゃん使います。

さらに、お約束の
「安田純平さんのイラク現地報告会3」は必ずやります。
ご期待ください。
そのためにもできることを
これからさがしてやっていきたいと思います。
いろいろ教えてください。
イラクで「拘束」されているらしいすべての方と、
日本やイラクやその他の地に暮らす彼らの友人たちと、
彼らを「拘束」しているらしい人たちに
届く運動を作りましょう。

ではまた。

(転送おわり)--------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト
電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。


posted by hana at 03:29 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【いわき・明日17日】相澤恭行さんイラク報告会

終了

主 催:ぴ〜すくらぶ
     http://www.nana8.com/yatch/
 http://homepage2.nifty.com/uchigo/yatch0404iwaki.pdf

PEACE ONのウェブサイト
 http://npopeaceon.org
  ※ 高遠さんたち救援活動の情報も
posted by hana at 03:05 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【明日17日】各地ピースイベントいろいろ

終了
4月のピースイベントについては
4月のイベントカレンダーをご参照下さい。
posted by hana at 03:04 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日16日はアメ大前へ!

終了
    :劣化ウラン廃絶キャンペーン
     劣化ウラン兵器禁止・市民ネットワーク
     自衛隊の即時撤退を求める法律家の会

連絡先
劣化ウラン兵器禁止・市民ネットワーク
   東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
     たんぽぽ舎 気付
   TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
   HP http://www.jcan.net/tanpoposya/hyoushi.htm
posted by hana at 01:44 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東京・16日7pm〜】日本人人質事件を考える緊急集会

終了
講演者  森住卓、豊田直巳、古居みずえ、広河隆一(司会)
http://www.hiropress.net/

【 共催 】   ・日本ビジュアル・ジャーナリスト協会 http://www.jvja.net
        ・DAYS JAPAN  http://www.daysjapan.net/index2.html
posted by hana at 01:04 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月13日

:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。