体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年05月22日

明日【5/22東京】日本政府の戦争支持撤回・自衛隊撤退を訴える5・22討論集会 ―ファルージャの虐殺とイラク全土の戦場化のなかで―

 イラクで「人質」となり救出された5人とその家族、そして「人質」救出のために自衛隊の即時撤退を要求したNGOを含む平和運動への「自己責任=自業自得」キャンペーンによるバッシングは小泉政権とマスコミ(特に右派メディア)によっていま大々的に組織され続けている。

 小泉政権は、この「人質」問題を「自作自演」の謀略と被害妄想的に判断し対応し続けた。その結果が、「迷惑だ、使った金をかえせ」という「自己責任」論による非難である。

 私たちは、この政治的な攻撃は、なんのために行われているかを、正確に認識しておかなければならない。人質の解放は、彼や彼女が自衛隊を派兵した小泉政権(国家)に抗議し、イラクの人々の援助活動をしている日本の民衆である、だから国家と民衆を区別してくれという、NGOをふくめた平和運動がイラクの人々に働きかけた努力(それはいろいろな国の人々の協力に支えられた)の結果である。この民衆相互の国際連帯のすばらしい動きが、それを実現したのである。バッシングは、この歴史的な体験の積極的な意味を隠し、なかったことにするためにもしかけられているのである。

 私たちはこのバッシングに抗して、私たちが実現したことの意味こそ、この間の各地の各グループの活動体験を交流させつつ、確認していかなければならない。

 米軍によるファルージャでの女性や子どもを含めた住民虐殺、イラク人拘束者への拷問・虐待・性的凌辱が明らかになり、この国際法・国連憲章を無視し、ありもしない大量破壊兵器があるというデマゴギーをふりまきつつ開始されたイラク侵略戦争と、その延長線上の占領の不当性が、あらゆる意味で明白になっている。

 自衛隊の撤回を要求する声を、さらに大きくしていかなければならない。「共同声明」を発した私たちは、〈人質救出〉連帯運動の積極的な意味を具体的に確認しあい、米軍の侵略占領の中止と日本の戦争支持撤回・自衛隊撤退の運動をつくるための討論会を持つ。

 イラク反戦運動の次のステップを大きく踏み出すために、一人でも多くの人々の参加を!

 日本政府の戦争支持撤回・自衛隊撤退を訴える5・22討論集会
  ――ファルージャの虐殺とイラク全土の戦場化のなかで――


 問題提起
 太田昌国(自衛隊の海外派兵と戦争協力に反対する実行委員会)
 岡田剛士(パレスチナ行動委員会)
 小倉利丸(ピープルズ・プラン研究所共同代表)
 越田清和(ほっかいどうピースネット)
 武藤一羊(アジア平和連合ジャパン)
 柳田 真(たんぽぽ舎)ほか、「共同声明呼びかけ人」の発言を予定

日時:5月22日(土)午後6時開始
場所:文京区民センター2A(都営地下鉄三田線春日駅すぐ )
資料代:700円

主催:「共同声明」呼びかけ人
協力:
 アジア平和連合ジャパン
 戦争協力を拒否し、有事立法に反対する全国Fax通信
 自衛隊の海外派兵と戦争協力に反対する実行委員会(反安保実VIII)
連絡先:東京都千代田区三崎町3-1-18 近江ビル 市民のひろば気付
    (電話 03-5275-5989/FAX 03-3234-4118)

-------------------------------
以上、反戦・平和アクション より


posted by hana at 01:04 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。