体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年04月17日

【明日21日・大阪11:20am〜】パレスチナ・イラク民衆に連帯する4・21アメリカ領事館行動

++++++++ 終 了 ++++++++
申入れの趣旨:

 ブッシュ米大統領が4月14日のシャロン・イスラエル首相との会談に際して発表した声明は、シャロンの対パレスチナ民族浄化政策を全面的に認めるものであり、私達はこれを強く非難します。
 被占領地における大入植地の容認、「隔離壁」建設の容認、パレスチナ難民の帰還権の失効などが盛りこまれたこの声明は、これまでの米国主導の「和平プロセス」の文脈から考えても、両当事者間の交渉・合意による最終的地位協定の締結という原則を大きく逸脱し、一方的にイスラエルの側に組するものとなっています。これに勢いを得たシャロンは、18日には、ハマス指導者ランティシ氏暗殺に踏み切り、米国はこの犯罪行為を「自衛権の行使」として容認する姿勢を続けています。
 ブッシュ大統領はパレスチナ人が他の国の人々と同等の権利と尊厳をもって生きることを認め、イスラエルの人種主義政策への支援を直ちに停止しなければなりません。

 一方、被占領下イラクでは、イスラエルがパレスチナ人に対して行ってきた虐殺行為を米国自身が遂行しています。今月に入ってから、ファルージャでは掃討作戦によって600〜700人の市民が殺害され、生き残った住民達は今も米軍の包囲下にあります。
 16日、ブッシュ大統領はブレア英首相とともに「国連主導」の政権移譲を認める方針を打ち出しましたが、その一方で、米軍の増強を進め、民衆蜂起が起きている各都市への軍事攻撃を緩めようとはしていません。ブッシュ大統領は、イラク侵略が過ちだったこと、対米抵抗勢力を含めたイラク民衆に自決権があることを認め、イラクから直ちに米軍を撤退させなければなりせん。そして、この侵略戦争の甚大な被害に対して、謝罪と補償をするべきだと考えます。

------------------------------
以上 [chance-action:6573] 【大阪】パレスチナ・イラク民衆に連帯する4・21アメリカ領事館行動 より


posted by hana at 06:07 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。