体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年05月01日

朝日イケてる記事発見

やっぱり茶色化か?」とがっかりさせられた朝日ですが、今日の記事はイケてます!
ジャーナリズムはこうじゃなくちゃ。ね?

 「人質・家族バッシング」に異論噴出 政府責任問う声も

・(政府・与党が)自ら出向いて危険な目に遭った人たちの自己責任を
 連呼することで、国民を保護する政府の重い責任が見逃されている。

・JVC(日本国際ボランティアセンター)の熊岡さん
 (万一、誘拐やテロなど危機に陥ったとき)「官民あげてあたるのが
 普通だ。救出された側に自己負担を求めるなど聞いたことがない」

  (ホントだよ・・・・・海外メディア読んでみなよ、日本人であることが
   恥ずかしいから・・・・)

・ピースボートの吉岡達也・共同代表
 「彼らがこれまでの活動でどれだけ日本の評判をよくしたか、その効
 果は絶大なもの。政府がその点を評価しないと、海外の人道支援活動
 をつぶしてしまう。自国民を保護するのは、そもそも国家の義務だ」
 「彼らはなぜ捕まったか。自衛隊派遣で米軍に協力している日本の国
 民だから。なぜ解放されたのか。非武装で人道援助をし、自衛隊派遣
 を批判していたからだ」

・南ドイツ新聞
 会見の模様:「日本人人質の家族に口輪(くちわ)」
 (「口輪」はドイツ語で、言論抑圧や箝口(かんこう)令のたとえ)
 「だれが彼らを黙らせたのか、そしてどのように?」
 「政府の批判をしていた家族が突然、黙り込んだ」
 「会見で「政府側から批判を慎むように要請されたのか」と質問した
 が、「ノーコメント」だった」
 「会見では家族を批判するような質問が多かった。家族ではなく、
 政府を批判すべきではないか」

パウエル国務長官
 「彼らのような市民や、危険を承知でイラクに派遣された兵士がいる
 ことを、日本の人々はとても誇りに思うべきだ」
 「私たちは『あなたは危険を冒した、あなたのせいだ』とは言えない。
 彼らを安全に取り戻すためにできる、あらゆることをする義務がある」

・われらが小泉首相はどうでしょう:
 (解放直後の3人について)「これだけの目に遭って、多くの政府の
 人たちが自分たちの救出に寝食を忘れて努力してくれているのに、
 なおかつそういうこと言うんですかねえ。やはり自覚というものを
 持っていただきたいですね」

恥ずかしいね・・・・・自覚持ってないのはどっちだよ

こんな日本の一員であることがホントに恥ずかしい・・・・
日本人であることが、テロられるという危険だけでなく、
「貢献者を国家(政府・国民)総出で苛める陰湿で恥ずかしい国」という看板まで下げて歩かないといけなくなるんですね・・・・ああいやだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト
政府・マスコミ・与党の人権侵害と情報操作に抗議を!
Proud to be an American ならぬ
Proud to be a Japanese! を提唱します★

日本の茶色化を阻止しよう、あなたも茶色くない?!



posted by hana at 17:45 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。