体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年05月01日

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会声明

JNNのインタビューでのパウエルの発言の他、南ドイツ新聞、フランスのル・モンド紙でも、同様の、3人に対しサポーティブな主張があるのに対し、なぜ母国の日本では、彼らに対してこんなにもひどいバッシングが多いのだろうか。
その辺を日本人は考えてみる必要があると思う。
日本人の誇りとは?
このように3人を貶める日本人の態度は、その人たち自身に誇りがないことを示す卑しい態度にしか見えない。

  「劣化ウラン弾の被害を訴える今井紀明さん、イラクの子どもたちを
  助けてきた高遠菜穂子さん、弱い立場にいる人や爆弾を落とされる
  側の人のようすを伝えようとしていた安田純平さん、郡山総一郎さ
  ん、自衛隊のイラク派兵に反対している渡辺信孝さんらは、アメリカ
  に追従してイラク住民の信用を落としている日本政府に代わり、
  日本に住む人間の誇りを守っているのです」

(以下全文転載)

■関係各位

 新たに二人の日本人がイラクで拘束されました。これに対し福田官房長官は、「救出と言われても、本人は十分危険を知って行っているわけであり、こういうことをしたら、どれだけの人に迷惑をかけるのか分かっているのか」という趣旨の発言をしました。本来なら救出に向けて迅速な行動をとるべき政府が、生命を賭して真実を伝えようとしている人間を誹謗中傷しています。

 新聞、テレビ、雑誌の一部は、4月8日に拘束された3名に対しても、「自己責任」という言葉を使って、イラクに行ったこと、自衛隊派兵に反対しているのが悪いと攻撃しています。心配する家族のもとにも、いやがらせや非難をする状況もあります。

 このような事態を引き起こした最大の責任は、日本政府にあります。大義のないアメリカによるイラク爆撃と占領を全面的に支持し、多くの反対にもかかわらず自衛隊派兵を強行させたからです。イラク民衆を救援する人や、真実を伝えようとする人たちの努力を無視し、占領による矛盾をこの人々の上に転嫁しようとしているのです。

 もし、政府の言うとおりに、NGOやフリージャーナリストが現地に入らなければ、事実と真実は伝わりません。とりわけ爆弾を落とす側ではなく、落とされる側の立場にたたなければ戦争の真の姿は見えません。

 劣化ウラン弾の被害を訴える今井紀明さん、イラクの子どもたちを助けてきた高遠菜穂子さん、弱い立場にいる人や爆弾を落とされる側の人のようすを伝えようとしていた安田純平さん、郡山総一郎さん、自衛隊のイラク派兵に反対している渡辺信孝さんらは、アメリカに追従してイラク住民の信用を落としている日本政府に代わり、日本に住む人間の誇りを守っているのです。

 自分に直接関わること以外に無関心な人が多いなかで、これまでに拘束された5名は、市民として、あるいはジャーナリストとしての「自己責任」を全うしているのではないでしょうか。5名に対する誹謗中傷をするのではなく、心を合わせて救援をしましょう。

     2004年4月15日
     日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
     世話人代表 広河隆一


■イラクの友へのメッセージ

 4月14日、イラクでフリーランスのフォトジャーナリスト安田純平(やすだじゅんぺい)さん(元信濃毎日新聞記者、イラクでの「人間の盾」活動に参加)と、渡辺信孝(わたなべのぶたか)さん(「自衛隊派兵に反対するホットライン」所属)が、拘束されました。安田さんは昨年2月から3月にかけて、イラクでの「人間の盾」に参加したことでも分かりますとおり、アメリカの爆撃を、身を挺して、阻止しようとした人です。
 さらに渡辺さんは自衛隊のイラク派兵に反対する運動を行ってきました。特に自衛隊員に対してイラク派遣に反対するように訴えてきた人です。
 この2名は日本ビジュアル・ジャーナリスト協会の会員ではありませんが、私たちの友人です。私たち日本ビジュアル・ジャーナリスト協会は、前に拘束されました3人と同じく、この2人も大切なイラクの友人であると訴えます。
 ただちに5人を釈放されることをお願いします。

     2004年4月15日
     日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
     世話人代表 広河隆一


posted by hana at 04:45 | TrackBack(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

「危険を知りながら良い目的のためにイラクに入る市民がいることを日本人は誇りに思うべきだ」パウエル長官 - TBS
Excerpt: 自己責任も大事ですが、まずはこの言葉を日本の政治家の口から聞きたかったと強く感じているのは、私だけでしょうか。(神保) 画像をクリックすると記事本文に飛びます TBS金平氏によるインタビュー抄..
Weblog: Videonews-Jimbo Blog
Tracked: 2004-04-17 18:23

人道目的で政府に迷惑をかけてもいいじゃないか コリン・コバヤシ氏の声明
Excerpt:  私たちはひとつの山を越えました。人質となった日本人三名、郡山さん、高遠さん、今井さんが解放され、心から喜びたいと思います。しかし、この喜びを戦争開始以来、占領軍の攻撃によって犠牲となられた無数の?...
Weblog: Videonews-Jimbo Blog
Tracked: 2004-04-18 00:42

今週の丸激 政府に迷惑をかけて何が悪いのか 「自己責任論」を斬る
Excerpt: 番組概要   番組サンプル マル激トーク・オン・ディマンド 第160回 [4月16日収録] 政府に迷惑をかけて何が悪いのか 「自己責任論」を斬る ゲスト 加藤朗氏(桜美林大学教授) ..
Weblog: Videonews-Jimbo Blog
Tracked: 2004-04-18 00:43
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。