体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年04月16日

【東京・明日17日】学習会のご案内「ガンジーの視点から現代文明・平和運動を見直す」

終了
 「こんなにたくさん平和を望んでいる人がいるのに、世の中が平和にならないのはなぜか」
 日本のガンジーと言われた阿波根昌鴻(あはごん しょうこう)さんはよくこう言われていました。また阿波根さんはこんなこともよく言われていました。
 「口先だけでいくら叫んだところで強い権力の座にある戦争屋に勝つことはむつかしい。戦争反対は生活の中から始めなければならない。戦争屋の喜ぶことはしてはならない」「平和をのぞむ運動家は、生活の場でも平和でなければ本当の平和は実現しい」

 そしてガンジーも、マスコミ等で取り上げられるのは彼の政治運動家としての側面が多いですが、実際は政治的場面よりも生活改善の運動により多くの時間を費やしていました。彼はイギリス軍を追い出しても、それと同じシステムを採用するのであれば、統治者が変わるだけで、インドの抱える問題は解決できない。真の独立は得られない。重要なのは精神的自立であり、そのためには一人ひとりが経済的自立をしなくてはいけない。そのためにガンジーがが採用したものがチャルカ、糸紡ぎだったのです。

 ガンジーも阿波根さんも、戦争の原因、平和を作り出すのは自分たちの生活の中にあることを見抜いていました。

 田畑さんは学生運動、労働運動などを経験し、これには限界があると感じ、人間らしい生活を求めて妻子と共に田舎暮らしを農業を始めます。それと同時に自分がかつてつらかった時に安らぎを与えてくれた棉(わた)に関心をもち、また「衣の自給」を目指して調べていく途上で「ガンジー」に出会いました。

 「平和のために、自分は何ができるか」よく聞かれます。忙しくて運動には参加できない、デモにも行けない。デモに参加したけど戦争は止まらなかった。どうしたら平和になるのか・・・。

 田畑さんは言います「反対運動やアンチ運動というのは問題が次から次へと出てきて追いつかないというものです。ガンジーさんもそうなんだけど社会を根底から変えていく、そこが問われていると思うんです。いわゆる体制じゃなくて文明を根底から変えていく必要があると思うんです。現在の自然を破壊して物を得る物質文明、それを変えていかない限り問題は続発すると思うんですね。」

 また田畑さんは『自立の思想』のあとがきでこう書いています。「ガンジーの訴えたチャルカの思想は決して昔の生活に戻れということではなく、近代文明のまさに末期を生きるこの時代にあって、その本質を見据え、私たちの明日の具体的生き方を考えるうえで重要な意味をもっていると私は考えている」。

 田畑さんは現在、農業のかたわら、途絶えてしまった和棉(わわた)の復興、チャルカの講習会を主宰してガンジーの思想・実践を人々に伝えています。当日はお話しのほか、チャルカの実演もあります。

「平和のために、自分は何ができるか」その答えを見つけにぜひいらしてください。

講 師:田畑 健
    (『ガンジー 自立の思想』編者、鴨川和棉農園代表、
      和棉のタネを守るネットワーク事務局長)

主 催:非暴力平和隊・日本(NPJ) 
     ピースネット          

--------------------------------
〒113-0001
東京都文京区白山1-31-9小林ビル3F
ピースネットニュース
http://www.jca.apc.org/peacenet
--------------------------------


posted by hana at 03:55 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。