体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年04月16日

【長野・明日17日,18日】自衛隊即時撤退と即時全面停戦を ―安田純平さんからのメール―

終了
subject :お願い!安田純平さんについて−2
送信日時 : 2004/04/16 20:29

>発信者の岡崎さんは、長野の運動仲間です。
>付け加えますと、
>彼は昨年のイラク戦争開始に前後して、
>人間の盾に加わり現地入りをしていました。
>その時も長野の仲間は大層心配していましたが、
>一方で、
>彼の置かれている状況そのものを含めて、彼の行動・人柄・仕事を、
>日本にいる我々が紹介し、運動に活かすことこそ、
>彼の望むことではないか、、、
>などと考えていました。

>今こんなことになって、ますますその思いを強くしています。

>今回私が転送するメールについて、
>削除あるいは確認した方がよい点などがありましたら、
>私の方で連絡を取ります。

とのことです。どうぞよろしくお願いいたします。

(転送1件目−安田さんからのメール)-----------------------

お世話になっているみなさま

バグダッドにいる安田です
今回の日本人拉致事件について
イラク人の反応を記事にしました
東京新聞12日付け夕刊に掲載されたそうです
通信事情の悪化などからかなり遅れまして
ボツの危機をかいくぐっての掲載です

高遠さんが面倒みていた少年たちも心配してる様子
「3人の日本人が大切なのはわかるが、連日何百人と殺されているイラク人のことも
同様に尊重すべきではないか」
とイラク人スンニ派住民に皮肉られた話
などをまとめました
3人の友人のために自衛隊派遣反対の行動をするのはよいとして
では戦争支持から、自衛隊派遣と続く中で今までイラクの現状に対して何をしてきたのか
という反省をこめたつもりです

なかなか手に入らないかと思いますが
お暇な方、ご覧いただけると幸いです

取材をしたのが9日の夕方まででしたが
陰謀説の好きなイラク人が
今回は当初から「やったのはイラク人。だから無事に帰ってくるよ」
と楽観的なことを言っていました
最初から地元武装勢力の行動と知っていたんでしょうかね
根拠を聞いてもちっとも教えてくれなかったのですが・・・

今は街中で「出歩いてるとさらわれるぞ」とからかわれます
あいかわらず「日本人は友達だ」というイラク人は多いです
今回の事件で
「自衛隊以外の日本人は米国に味方しに来たわけではない」
という認識をした人もいるかもしれません

せっかくイラクにおりますので
記事についてだけでなく
いろいろご意見くださるとうれしいです
可能な限り議論が展開できればと思います

**************************************
安田 純平


(転送2件目−岡崎さんからのメール)-----------------------

みなさま。
長野市の岡嵜啓子です。

昨夜、イラクでフリージャーナリストの安田純平さんと、
渡辺修孝さんという方が、
武装集団に連行されて行方不明になっているというニュースが入りました。
安田さん、渡辺さんの所在についても、
安否についても、何ら確認されていないというのが事実のようです。

今朝2時頃、M新聞の記者からの電話でニュースを知りました。
驚きました。
昨日(14日)11:56am(たぶん日本時間)に送信された
安田さんからのメールを夕方開けたばかりでしたから。

安田さんとは1年あまりのおつきあいです。
昨年5月と今年2月に、
「安田純平さんのイラク現地報告会」を長野市で開きました。
伊那、松本でも友人たちが安田さんの報告会を開いています。
1回目は、2003年2月17日から4月16日まで、
つまり米英軍のイラク攻撃前から、バグダッド陥落の後までを
「シールド」ビザで、イラクにとどまり続け、撮り続けた報告でした。

2回目は、昨10月11日から25日までの再訪の報告でした。
この短い訪問は、しかし、2〜4月にイラクで取材した人々の
「その後」を訪ねるという強い意志に貫かれて、報告会もとても印象深いものでした。
安田さんが3月にイラクで出会ったシーア派の医師は、
米軍の攻撃とその後の封鎖により、
自動車の中で腐敗し、膨張しきったイラク人の遺体を処理しながら、
「・・・それでもアメリカがフセインを攻撃してくれてよかった。」
と話していたそうです。
が、10月にもう一度その医師を訪ねたとき、
彼は、米軍の市街地攻撃により、亡くなっていたそうです。
妻と遺児をひきとった義弟は、
「米軍はなんの説明も補償もしない」と。

この2回目の報告を聞いて、
私はたぶん初めて安田さんを尊敬し、彼に共感しました。
「旬」に飛びつき、その場限りの取材をするのではなく、
イラクに暮らす人々に寄り添い続けようとしているジャーナリストとして。

「今月14日からイラクに行ってまいります」
というメールを安田さんからいただいたのは3月3日でした。
「もどったら、3回目の現地報告会を」
という約束は、その前からできています。

3人の「日本人」がイラクで拘束されたという報がはいったあと、
10日に個人メールを、12日に同報メールを送ってくださいました。
(鈴木注:これが先の安田さんからのメールです)
私はこの同報メールを、チラシに載せて公開する許可を安田さんに求めました。
それへの返信が14日11:56送信のメールです。

> 了解しました
> じゃんじゃん使ってください

と結ばれています。
だから、じゃんじゃん使います。

さらに、お約束の
「安田純平さんのイラク現地報告会3」は必ずやります。
ご期待ください。
そのためにもできることを
これからさがしてやっていきたいと思います。
いろいろ教えてください。
イラクで「拘束」されているらしいすべての方と、
日本やイラクやその他の地に暮らす彼らの友人たちと、
彼らを「拘束」しているらしい人たちに
届く運動を作りましょう。

ではまた。

(転送おわり)--------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------
■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト
電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。




posted by hana at 03:29 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。