体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年05月01日

何が3人の解放を実現させたのか ―グローバル・ウォッチ、コリンさんの声明7―

  「政府が日本の大半の民意を代表しようとしないとき、市民は市民
  独自の判断で行動を起こす権利があります。そのことを実践したの
  が、これらの方々でした。
   そして、拉致したイラク人たちは、政府とは違う良心と愛に基づ
  いた日本市民たちがいたことに気がついたからこそ、またそのよう
  な市民を無為に殺傷することはイスラムの精神に反すると説いた宗
  教指導者たちがいたからこそ、彼らは開放の呼びかけに答えたのだ
  と思います。私たちは、彼らがイラク民衆の心の絆を結んでくれた
  人たちであると解釈しています。その彼らを助けようと、陳情し、
  デモし、アピールした多くの心ある市民たちが初めて得た大きな成
  果だと自信を持っていいのではないでしょうか」

  「日本政府や保守のメディアが主張する自己責任論は、政府の責任
  回避であり、根本的な問題を不問にし、回避してやまない現政府
  のレトリックにすぎません。生命を一顧だにしない政府がなぜ
  人道支援ができるのか、人道とはまず生命を尊ぶことではないでし
  ょうか。自衛隊の軍事的なプレザンスこそが、真の緊急人道支援を
  妨げているのです」

  「戦火がこれ以上、広がれば、あらゆる人道支援が不可能になりま
  す。そうならぬためにも、今予期されているこれからの再度のアメ
  リカ軍のファルージャに対する大攻勢にストップをかける運動やア
  ピールがぜひとも必要だと思います。ブッシュ政権の対応をみてい
  ると、パレスチナでも然りですが、自分たちの利益に役立たない国
  や民衆をゴミのように廃棄しようとしているのです。それにストッ
  プをかけるための世界的な運動が不可欠です」

(以下全文転載)

声明7

 私たちはひとつの山を越えました。人質となった日本人三名、郡山さん、高遠さん、今井さんが解放され、心から喜びたいと思います。しかし、この喜びを戦争開始以来、占領軍の攻撃によって犠牲となられた無数のイラク市民の家族の方々と分かち合うことができないのは、たいへん悲しいことです。また新たに拉致された日本人二名、渡辺さん、安田さんのことを考えると、手放しで喜ぶことはできません。
 また、私たちは、ファルージャ周辺で、イラクの罪のない普通の市民たちがハエのように叩きつぶされ殺戮されている最中に、日本人だけ<助けて!>とどうしていえるでしょうか?私たちはその殺戮を犯しているアメリカと肩を組んで歩いているのです。
 とはいえ、私たちは私たち市民としての可能な限りのネットワークを広げることによって、市民社会の連帯パワーの可能性を夢見させてくれたと思います。そのきっかけとなったのは、なんといっても今回拉致された三人の方々です。彼ら、彼女は日本政府が主張しているようなアメリカの大義のない戦争に自衛隊を持って加担するのではない方法、すなわち愛情と友愛の原則に基づいて、勇気を持って関わろうとした数少ない方々です。また現在の日本の硬直してしまった時代の空気の中では小声でしかいえない本当の日本人としての真心と良心を身を持って示してくれたからこそ、多くの市民や団体が彼らが何者なのかをあらゆる手段で拉致グループに伝えようと努力をしたのだと思います。
 政府が日本の大半の民意を代表しようとしないとき、市民は市民独自の判断で行動を起こす権利があります。そのことを実践したのが、これらの方々でした。
 そして、拉致したイラク人たちは、政府とは違う良心と愛に基づいた日本市民たちがいたことに気がついたからこそ、またそのような市民を無為に殺傷することはイスラムの精神に反すると説いた宗教指導者たちがいたからこそ、彼らは開放の呼びかけに答えたのだと思います。私たちは、彼らがイラク民衆の心の絆を結んでくれた人たちであると解釈しています。その彼らを助けようと、陳情し、デモし、アピールした多くの心ある市民たちが初めて得た大きな成果だと自信を持っていいのではないでしょうか。
 私たちはこの連帯と共感をより広げ、イラクやアフガニスタンやパレスチナなどの最も抑圧された民衆へと繋がっていくことを期待します。

 明日以降、日本で郡山さん、高遠さん、今井さんたちを待ち受けているのが、<北朝鮮>から戻られた拉致被害者の方々と同じのように、何も言えなくなってしまうような鉛の状況を作り出してはならないとと思います。日本政府や保守のメディアが主張する自己責任論は、政府の責任回避であり、根本的な問題を不問にし、回避してやまない現政府のレトリックにすぎません。生命を一顧だにしない政府がなぜ人道支援ができるのか、人道とはまず生命を尊ぶことではないでしょうか。自衛隊の軍事的なプレザンスこそが、真の緊急人道支援を妨げているのです。
 本末転倒をしてはいけません。このような緊急時で、こうした事態にあった日本人がいた場合に、日本政府が彼らの救援するのは当たり前のことで、そのために政府があり、行政府があるのです。日常の事務ばかりではなく、そういう救援保護活動も公的行政府の遂行すべき任務のひとつなのです。<迷惑をかけるな>などという福田官房長官の言辞は、私企業の社長のいうことです。誘拐や拉致にあった犠牲者の家族が<心配をかけてすみません>と表明しなければならぬ事態。これこそ本末転倒です。緊急時や不可抗力による場合は<迷惑>かけてもいいのです。

 戦火がこれ以上、広がれば、あらゆる人道支援が不可能になります。そうならぬためにも、今予期されているこれからの再度のアメリカ軍のファルージャに対する大攻勢にストップをかける運動やアピールがぜひとも必要だと思います。ブッシュ政権の対応をみていると、パレスチナでも然りですが、自分たちの利益に役立たない国や民衆をゴミのように廃棄しようとしているのです。それにストップをかけるための世界的な運動が不可欠です。そのひとつの運動を今回も経験しました。
 あらたに拉致されているお二人のためには、同じような努力が私たちには必要です。アルジェジーラ放送局は理想的な放送倫理を持っているとはいえないにせよ、中東社会への大きな影響力を持つメディアです。様々な働きかけをしましょう。私たちの闘いはこれからです。

グローバル・ウォッチ/パリ
コリン・コバヤシ

声明7付記

庇護権について

緊急時に、国民は国に保護してもらう権利と、国は国民を保護しなければならない義務があります。
その点が欧米でははっきりしているから、欧米の記者たちは拉致された家族がなぜ謝らねばならないのか、理解に苦しむわけです。拉致事件の場合は、どう考えても緊急時です。
福田官房長官、川口外相の発言がおかしいのは、この点です。
ところが、ペルーのフジモリ前大統領のような人には特別な庇護を与えている。あの方はペルー人と認識するのが真っ当な判断だと思われます。彼はペルーから、弾劾され国際刑事法でインターポルを通じて国際指名手配されているにも関わらず、かばっている。迷惑だ、自己責任をとれとは、けっして言わない。あの人こそ、自己責任をとるべき人です。ところが、一般の市民が良心の人道支援をしていて、拉致されると、迷惑だ、自己責任を取れといわれる。これまた全く本末転倒した事態です。泥棒にあった人が、泥棒にあってごめんなさいとはいわない。単純なことです。

犯人たちはテロリストか?

今回の事件の場合、拉致グループ(武装集団)をテロリストと判断するのは、困難だと思います。これは戦時下、不当な占領に対する住民の抵抗の一形態と思われます。とりわけ、ファルージャのような無差別攻撃があった場合には、なおさらです。この戦争の本質を考えずに、しかも犯人像が明らかになっていない以前から、テロと交渉するのはまずい、と小泉政権から社民党までいっています。池沢夏樹氏でさえ、そのステレオタイプにはまっています。強盗にあったら、百万円払っても、命を救うべきです。ましてやこのような民衆の抵抗の一形態としての挑戦にあったときには、撤退・譲歩も当然、選択肢のひとつとしてあるべきでしょう。

グローバル・ウォッチ/パリ
コリン・コバヤシ


posted by hana at 04:25 | TrackBack(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

解放された訳
Excerpt: 政府が努力した風なコトを言ってるヒトがいますが、違います。 Peace Event Calendar のこのエントリを見て下さい。 しかしわし自身も日本国が彼らを全力で助けて当然、という感覚は..
Weblog: ばっきょ隊長
Tracked: 2004-04-16 12:45

いわゆる「自己責任論」について(1)
Excerpt: 一見ロジカルないわゆる「自己責任論」。その本質を冷静に、かつ人間の視点から検討している論調を紹介します。ここでは、江川紹子さんと、コリン・コバヤシさんによる論考を紹介しましょう。
Weblog: べえろぐ
Tracked: 2004-04-17 18:50
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。