体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年04月15日

占領軍の人質となったイラク人の解放のために【国際署名】

イラク民衆による独立議会の国際呼びかけ(2004年4月9日)

   現在の状況では、イラク人は占領軍の人質である。彼らは集会の
  自由もなく、結社の自由もなく、自らの将来を決定する権利も否定
  されている。その上、アメリカ当局が描く政権移譲プロセスは従順
  で、アメリカの利益とイラク国内への居座りを喜ぶ政権樹立のため
  のものである。
   以下に署名した平和運動家、宗教指導者、知識人、学者、作家、
  ジャーナリスト、政治家、労働組合運動家、市民は、イラク人が
  占領から解放され、自国の歴史の方向を決定する権利を持つことを
  強く主張する。

   われわれは占領の終結を要求し、イラク民衆の主権と自己決定権
  を支持する。

(以下全文転載)
皆様へ

 以下のような呼びかけがおこなわれています。3人の解放にもつながる行動だと思います。呼びかけのなかでは「イラク人が占領軍の人質になっている」という認識がはっきり示されています。ぜひ日本からも賛同をお願いします。

 なお、呼びかけ人には次のような人が含まれています。
チャルマール・ジョンソン 作家 米国
クリストフ・アギトン 活動家 フランス
デニス・J・クシニッチ 大統領候補(民主党) 米国
インマヌエル・ウォーラーステイン 作家・活動家 米国/フランス
ジェレミー・コービン 議員 英国
ナオミ・クライン ジャーナリスト・活動家 カナダ
ノーム・チョムスキー 言語学者・作家 米国
P・K・ムーティ 全インド労組連盟 インド
サミール・アミン 知識人・活動家 エジプト/セネガル
スーザン・ジョージ 作家・活動家 フランス
ウォルデン・ベロー 教授・活動家 フィリッピン
イタリア上院議員18名 下院議員19名(各政党にまたがる)

四茂野 修
---------------------------------------------
イラク民衆による独立議会の国際呼びかけ(2004年4月9日)

 イラク占領が2年目を迎え、イラク人の要求は日に日に明瞭になってきた。その要求とは占領の即時終結と、すべてのイラク人が自由に参加し、アメリカの干渉を受けない自由選挙である。

 現在の状況では、イラク人は占領軍の人質である。彼らは集会の自由もなく、結社の自由もなく、自らの将来を決定する権利も否定されている。その上、アメリカ当局が描く政権移譲プロセスは従順で、アメリカの利益とイラク国内への居座りを喜ぶ政権樹立のためのものである。

 以下に署名した平和運動家、宗教指導者、知識人、学者、作家、ジャーナリスト、政治家、労働組合運動家、市民は、イラク人が占領から解放され、自国の歴史の方向を決定する権利を持つことを強く主張する。
われわれは、すべてのイラク人が自由に参加し、占領軍から干渉されない自由選挙の要求を支持する。

 われわれは、イラク社会のすべての部門が自由に討論でき、そして彼らの国の将来の姿を提案する、占領軍の干渉から完全に自由なイラク人による緊急・独立議会を求めたジャカルタ平和合意の呼びかけを支持する。この呼びかけは、2003年にパリで開かれたヨーロッパ社会フォーラムと2004年にムンバイで開催された世界社会フォーラムの反戦会議の支持を受けている。これは新生イラクへの建設プロセスのスタート、自由選挙と民主主義と主権に向けた重要な第一歩たりうる。

 この議会はイラクで開かれなければならない。しかし、この可能性が占領軍によって拒否されるならば、準備会議はイラク外で開催されなければならない。われわれは、これらの会合の誠実性と公開性を、われわれの支援と参加を通じて守る努力をすることを約束する。

 われわれは占領の終結を要求し、イラク民衆の主権と自己決定権を支持する。

(声明に賛同する方は次のサイトへ: http://www.focusweb.org/int-call/ )
--------------------------------------
*呼びかけの原文と呼びかけ人の名前もこのサイトで見ることが
 できます。

★署名の仕方★

トップページ
http://www.focusweb.org/int-call/
中ごろの
   Click here to endorse the call>>>>をクリック。

次のページの一番上の
   [SIGN ON TO THE STATEMENT]  をクリック

次のページの下のほうにあるオレンジ色のフォームに書き込む:
   Organisation/Name <--必須
   Country        <--必須
   Email         <--必須
   URL
   Comment       <--必須
  *必須項目が空だと送信できません。

送信するには最下の
   [SIGN ON TO THE STATEMENT]  をクリック

※Commentになんて書けばいいかわからない人は、トップページの
    Click here to endorse the call>>>>
をクリックした後に出てくるページの、みんなのコメントを参考にするといいかも。


(以下英文)
INTERNATIONAL CALL FOR AN INDEPENDENT ASSEMBLY OF THE IRAQI PEOPLE

9 April 2004
AS the occupation of Iraq enters its second year, the demands of the Iraqis grow clearer every day: an immediate end to the Occupation and free elections - free for all Iraqis to participate and free of US interference.

In the present situation, Iraqis are hostage to the Occupying Forces. They are unable to meet and organize freely and they are denied the right to shape their own future. Furthermore, the political transition process proposed by the US administration is designed to install a tame regime, friendly to US interests and their continued presence inside Iraq.

We - the undersigned activists for peace, religious leaders, intellectuals and academics, writers and journalists, parliamentarians, trade unionists and citizens -- insist on the right of the Iraqis to be free of occupation and free to decide the course of their own history.

We support the call for free elections: free for all Iraqis to participate and free from interference of the Occupying Forces.

We support the call of the Jakarta Peace Consensus - which was affirmed at the European Social Forum in Paris in 2003 and at the Anti-War Assembly at the World Social Forum in Mumbai in 2004 -- for an urgent and independent Assembly of Iraqis, where all sectors of Iraqi society can freely debate and propose the future shape of their State, completely free of interference from the Occupying Forces. This can be the start of a process of building the New Iraq, and a vital first step towards free elections, democracy and sovereignty.

This Assembly must be held in Iraq. However, if this possibility is denied by the Occupying Forces, a Preparatory Conference must be convened outside Iraq.

We guarantee all our efforts to protect the integrity and openness of such a meeting through our support and presence.

We demand an end to the Occupation and we support the Iraqi peoples right to sovereignty and self-determination.

-------------------------------------
[aml 38876] 占領軍の人質となったイラク人の解放のために より



posted by hana at 00:31 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

酒飲んでるんでエンジン全開状態
Excerpt: 酒好きです。毎晩飲んでます。 アワモリ飲むために沖縄に移住しました。 そりゃええんですが占領軍の人質となったイラク人の解放のためにという コンテンツを発見。 リンク貼ってるんですが、あまり..
Weblog: ばっきょ隊長
Tracked: 2004-04-15 22:22
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。