体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年04月14日

マスコミの報道姿勢を憂慮する市民からの声明

 「補足:ファルージャでこの1週間で500名近くのイラクの
  市民が殺されてしまいました。それがこの人質事件につながっ
  ています。その多くは子どもでした。
  写真を直視してください。どうして米軍はイラクにいるの?
  どうしてこんな米軍を自衛隊は支援するの?
  自衛隊の活動が人道復興支援と受け取られないのは、
  あたりまえです。
  「どうか外国の軍隊は武器を持ってお帰り下さい」
  「私たちの子どもたちを殺さないで」
  イラクの人々の要求は高すぎますか?」
  http://english.aljazeera.net/NR/exeres/8CB7C17E-F69E-48A2-
  8034-DEA425192815.htm


 「武装勢力は、3人がイラクのために活動しているという日本市民から
  の情報と3人の家族の切実な訴えを聞き、イスラム教の指導者から
  の説得もあり、3人の解放を決めたのです。その背景には、多くの
  日本市民がイラクからの自衛隊撤退を望んでいるというメッセージ
  が伝わったことも、間違いなくあります。ここ数時間のマスコミ
  報道は、これを打ち消し、「政府の対応は正しい」というメッ
  セージを伝えようとするものです。報道機関自身は「政府の
  対応は正しい」などと言えないため、いままで画面に登場した
  こともなかったようなコメンテーターを使って、そういう世論
  誘導を行おうとしています。・・・」


(以下転載)

マスコミの報道姿勢を憂慮する市民からの声明
2004年4月11日

私たちは、イラクで武装勢力の人質となっている3人を一刻も早く解放させたいと願っている日本の市民です。3人は24時間以内に解放と報道されてから、まだ現実には解放されていません。にもかかわらず、日本ではとんでもない報道があちこちで行われるようになりました。私たちは解放声明が出されて以降のニュースや報道を見ているのですが、この段階になって明確に「撤退しなくて良かった」「政府の対応は正しかった」といったコメントを述べる人間を出演者として登場させ、次々に発言させています。これは、きわめて危険な報道です。武装勢力は、3人がイラクのために活動しているという日本市民からの情報と3人の家族の切実な訴えを聞き、イスラム教の指導者からの説得もあり、3人の解放を決めたのです。その背景には、多くの日本市民がイラクからの自衛隊撤退を望んでいるというメッセージが伝わったことも、間違いなくあります。ここ数時間のマスコミ報道は、これを打ち消し、「政府の対応は正しい」というメッセージを伝えようとするものです。報道機関自身は「政府の対応は正しい」などと言えないため、いままで画面に登場したこともなかったようなコメンテーターを使って、そういう世論誘導を行おうとしています。被害者家族は一致して「自衛隊の撤退を求める。」「政府の対応はおかしい。何もしていない。」というコメントを出しています。その家族に小泉総理は会うことすらしませんでした。そのことを疑問視する報道は一つもなく、事件が解決に向かいかけたところで、一斉に「政府広報」のような報道を開始しました。電波は世界中を流れています。このような報道姿勢そのものが、3人の人質の生命の危険を再び増大させています。日本市民が世界に発信した情報を打ち消し、イラク情勢を再び緊張させています。日本のマスコミは、自分たちの意図的な報道が世界に何を引き起こすか、それを想起する想像力すらないのでしょうか。
マスコミは責任を持った報道をしてほしい。「主張のバランス」「メディアの中立性」などというのは、こうした事態の前では重要なポイントなどではないはずです。人命第一の報道姿勢を取っていただきたい。

マスコミの報道姿勢を憂慮する市民
竹村英明・平和政策塾、山崎久隆・劣化ウラン研究会、きくちゆみ、
青山貞一、アイリーン・スミス、星川 淳(作家・翻訳家)、田中優、
森田玄、ほか多数。

連絡先 川崎市宮前区有馬5-18-16 竹村英明
      090-9964-5024/hide@jca.apc.org


補足:これらの発言がテレビで相次いだあと、事態は急変し、イラクの武装勢力が川口外務大臣の発言に激怒している、との情報を私たちはパリ経由で得ました。その後、自衛隊が撤退しなければ殺害する」に事態は急変してしまいました。
(この部分のみ文責:きくち)

補足:ファルージャでこの1週間で500名近くのイラクの市民が殺されてしまいました。それがこの人質事件につながっています。その多くは子どもでした。
写真を直視してください。どうして米軍はイラクにいるの?どうしてこんな米軍を自衛隊は支援するの?
自衛隊の活動が人道復興支援と受け取られないのは、あたりまえです。
「どうか外国の軍隊は武器を持ってお帰り下さい」
「私たちの子どもたちを殺さないで」
イラクの人々の要求は高すぎますか?
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/8CB7C17E-F69E-48A2-8034-DEA425192815.htm

--------------------
以上 [chance-action:6468] マスコミの報道姿勢を 憂慮する市民からの声明 より


posted by hana at 01:11 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。