体調不良他私事につき、しばらく基本的に更新をお休みします。
 特にイベントカレンダーをご利用下さっていた皆さんには申し訳ありません。
 休業の間コチラの一覧にあるWEBSITEをご利用下さい。
 これまでご支援くださった皆さんには本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
June 16, 2004 hana
 まだ再開の準備はできていませんが、時々コチラ(臨時Infoけーじ板)に
 情報を掲示します。時々見に来てください。
Sep. 8, 2004 hana

2004年05月20日

【5/23岐阜市】今、声をあげなければ「緊急市民の集い」第2弾 トーク&トーク+天木直人講演「イラクへの自衛隊派遣は何のためか? 今何が必要か」

+ + + + + + 終 了 + + + + + +
第1部 トーク&トーク
      呼びかけ人や参加者の中から約10人が発言。
第2部 「イラクへの自衛隊派遣は何のためか? 今何が必要か」
      講師 天木直人さん(前駐レバノン特命全権大使)
      昨年、小泉首相に率直な意見具申。
      「さらば外務省!、私は小泉首相と売国官僚を許さない」
      (講談社)はベストセラーに。自衛隊のイラク派遣に反対し、
      小泉首相の辞任を求め、全国各地で講演を行っている。
主催:今、声をあげなければ−一般市民の会
      世話人 田中良 
      http://siminnokai.fc2web.com/

※さらなる意見広告の賛同者を募集しています。
  1口1000円で何口でも。
   加入者:今、声をあげなければ−市民の会
   口座番号:00810−6−92702
   必ず楷書で。住所、氏名(ふりがなも)、電話番号。
   紙面に氏名を公表することについての「可」「不可」を明記。
   しめきりは6月7日(月)

-------------------------------------
以上、Gifu Peace Web より ←オススメぺーじです

―今日のぜんこく各地のイベント一覧はココ
Clip This Article! by MyClip


posted by hana at 10:54 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日【5/23大阪市】無防備条例直接請求署名運動最終日!カウントダウン集会

現在総数48,624筆! 5万筆まであと少し!

今日23日は署名集めの最終日です。
○25カ所以上の署名スポットで、署名運動の最後の追い上げをはかり
  ます。
  各スポットとも10:00〜終日です。ご都合のつく時間だけでもぜひ
  署名集めのご協力を!
○署名最終日カウントダウン集会(18:00エルおおさか)
○大阪駅前歩道橋でカウントダウン署名行動(20:00〜24:00)

※「無防備条例直接請求署名運動」については以下の記事参照:
【有事ネタ】大阪市の方へ!【署名】大阪市を戦争しない地域に/有事法制が決まっちゃっても地方から戦争協力拒否を発信できるチャンス!

--(以下、転載)--
続きを読む
posted by hana at 10:36 | TrackBack(6) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日【5/23岐阜】覚成寺フレンズPrezent's 『イラク戦争で失われたすべての命を追悼し、平和のためにできることを考える法要』

+ + + + + + + 終 了 + + + + + +
《 プログラム 》
1,仏式による追悼式 読経:副住職
   〜その他の宗教の方は、それぞれのスタイルでどうぞ〜
2,高校生によるショート芝居『茶色の朝』
   〜「茶色特別措置法」制定下のライフスタイル〜
3,しゃべりば
   〜テーマは「平和」〜
4,ピースライブ ゲスト:盛井智彰さん
   〜みんなで歌おう!ピースソング☆〜
5,フリー交流会
   〜フレンズ特製やきそばを食べながら出会いを楽しもう〜

  この法要は、イラク戦争で犠牲になったすべての命への
  懺悔の気持ちを表し、戦争のない平和な世の中のために
  私たちにできることを考える、という趣旨で企画しました。
  多くのみなさんのご参加をお待ちしています☆

   《 お問い合わせ 》
    覚成寺 TEL/FAX 0584−62−3998
    E-mail  ichijo@basil.ocn.ne.jp
    http://www11.ocn.ne.jp/~friends/

---------------------------------------
以上、Gifu Peace Web より

―今日のぜんこく各地のイベント一覧はココ
Clip This Article! by MyClip
posted by hana at 10:12 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いまにほんでおこっていること ―「この本が流行になれば小泉政治は終わる」―

みなさん、こんにちは。

4月28日付の『日刊ゲンダイ』に、大月書店から邦訳・出版されたフランスの童話『茶色の朝』[1] が静かなブームを呼んでいることが報じられました。「この本が流行になれば小泉政治は終わる」という見出しで始まる記事は、解説者の哲学者・高橋哲哉氏へのインタビューも載っており、人質となった高遠菜穂子さんや今井紀明さんの故郷の北海道での売れ行きが特に良いそうです。『北海道新聞』によると、担当編集者も、下訳を読みわからない点を口にした中学生も札幌人なのだそうです。

この童話が一大ブームになったきっかけをつくった『東京新聞』の書評 [2] は、以下のような書き出しで始まり、この本が持つ今日的意義を説いています。

>「茶色の朝」というフランスの寓話(ぐうわ)が注目を集めている。日本でも昨年暮れ、邦訳(大月書店刊)が出版された。茶色はファシズムの象徴。原文はわずか十一ページ、声高ではなく「ファシズムの危険は市民の事なかれ主義に潜む」と指摘する。フランスではベストセラーとなり、同国や欧州で台頭する極右勢力の動きをけん制した。戦後初めて戦地に自衛隊が派遣された。「茶色」の危険は日本社会とは無縁だろうか−。
続きを読む
posted by hana at 03:58 | TrackBack(5) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月19日

民主党はやっぱりダメ?!

【民主党はやっぱりダメだ!】ってメールがまわってきました。
(有事7法案の審議について)野党である民主党が、あいまいな政府案に質問を浴びせているんだろうと思いながら見てみたのですが、見てビックリです。

あいまいな政府案をそのまま鵜呑みにして、自分たちの修正案を張り付けて、明日衆院を通過させようとしているのです。どうかあなたの目で自衛隊は必要だ、この法案は必要だと言い切る民主党を見てください。あなた自身の目で確かめて7月の参院選の参考にして下さい・・・・・

国民保護法案ウォッチャーズ国会議員に宛てて送った要請文)の要旨は次のとおりです。

1)「国民保護の措置」が非現実的で実質的効果は国民
  (住民)を守る実質的な効果が期待できない。

2)平時から日常的に国民の思想統制、訓練参加への心理
  的圧力が加えられる。

3)官による物資統制、経済統制が行なわれ、それに従わ
  ない者には重い罰則が科される。

4)日米間で、今まで禁じられていた弾薬の相互提供が可能
  になり、米軍の行動に必要な土地・家屋の収用も、米軍
  の行動による損失の補償も、日本政府が行うなどにより、
  すでにあった米軍支援体制が完成する。

5)経済統制や米軍への全面支援を含むさまざまな措置が
  発動する「有事」に至ったという判断は、米軍の情報に
  頼らざるを得ず、日本の主体性なしに日本の命運が決定
  され、国会のチェックが入る余地もない。

こんなものが、今日ホントに通っちゃうの?!
民主党、そんなんでいいんかい?!

(以下全文転載);
続きを読む
posted by hana at 23:48 | TrackBack(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坂本龍一さんも

同じこと考えてました;
あの年金騒ぎ、変だと思っている人も多いんじゃないかな。
ぼくもだいぶ前からあれはおかしい、
何か隠してると思ってたら、やっぱりそうだった。

「国民保護法」という法律が通過しようとしている。

権力というのは、大和政権の昔からレトリックにたけている。
ほとんどレトリックそのものが権力だと言ってもいいくらいだ。
「国民」+「保護」とくれば、たいていの人は
「ああ、わたしたち国民を守ってくれる法律なのね」と、普通思う。

どういう法律で、自分たちの生活にどのくらい関係があるのか、
名前からでは分からないから、
少し面倒でも法律の中味を読み解く必要がある。
しかし、そんな面倒なこと、普通しないだろう。
こうやって、国というものは変えられていくんだなあ。
日本は確実に戦時体制の国へと変貌をとげつつある。

先見日記 May 16 国民保護って? より)


法律の中身を読み解くチョットの面倒・・・・・・・

とりあえずマンガで
「国民保護法案」をご存知ですか のサイトがわかりやすい
  +情報集約されてます。
続きを読む
posted by hana at 20:29 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月17日

「イッテ、イッテ」の官邸製・自作自演説のてんまつ・・・・その裏にあったもの

5/1の記事でいまさらのようだけど、記録の為にも。
事件の発生から解放まで、また「自作自演」と言われたビデオ撮影の様子についても詳しく書かれている(何が自作自演だよ! ドバイで被疑者として事情聴取まで・・・・政府ひどすぎる)。
30日東京での郡山さん・今井さんの記者会見の要旨をまとめた毎日新聞の記事

この会見に関する短い記事はいくつか読んでいたけど、この毎日の記事にまとめられている要旨の中でも大事なポイント(or 特に強烈な印象を与えるようなことがら)は、私が読んだ記事の範囲では書かれていなかった。

◆私が読んだ記事にあったのは次のようなこと
 (この毎日の記事の、上から箇条書き):
続きを読む
posted by hana at 01:55 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高遠さんげんきそう☆+自己責任がどうこうよりイラクがどうなっているかに関心を(郡山さん)+外務省へ「救援費用」に関する質問書

そうだーー
バッシングなんかにまけるなー
イラクの人にひどい目にあっても、またイラクに戻って援助を続けたいといった高遠さん自身が、ホントの「テロに負けない」ということを示していると思います。
ゆっくり、じゅうぶんに心身を癒して、またやりたいことのできるエネルギーが戻ってきますようにお祈りしています。

 イラクで人質になった方々への敬意表明と激励の緊急アピール
  「イラクで人質になった方々の活動に敬意を表し、
   これらの方々への非難・中傷を直ちに止めるよう訴えます」

の世話人の方が今井さん宅を訪れ、そこで高遠さんともお会いできたそうです。以下の5人をサポートする会からのお知らせ(* おことわり参照)にありますが、高遠さんも元気だったようすです。

○それから、郡山さんの発言。その通りだと思います:
      「家族に対する攻撃には胸が痛むけれど、僕自身
      はバッシングにはたじろがない。皆さんが話され
      ていることは僕の気持ちを代弁してもらっている。
      僕としては自己責任がどうこうということよりも、
      イラクがどうなっているかということに関心を向
      けてほしい」      (5.10集会にて)

○外務省へ「救援費用」の請求に関する質問書
3.イラクで拘束されながらも無事帰国された3人の方々のうち、複数の方は「日本への復路の航空券を持っていたので、それを利用して帰国するつもりだった。しかし、外務省の要請で政府が用意した便を利用することになった」と話しておられます。これは事実でしょうか?事実だとしたら、3 人が持っておられた航空券の運賃相当額を政府は補償されたのでしょうか?

勝手に専用機用意しといて、言われたとおり乗って帰ったら「メイワク」「無駄遣い」「多額の費用が!」とか言って世論を煽るわお金請求するわ、ひどいよね・・・・・・・

○i-mode 対応の署名ページ新設:
  http://ac-net.org/honor/i
PCの方はHPから署名できます。左側メニューの2番目に
   □署名
    [1]登録番号発行
    [2]署名ページ
とあります。まず [1]メールアドレス登録してから [2]署名します。
署名の第2次集約は5/21だそうです。

○サポート募金は18日で終了
すでに目標額の198万円に達したため、21日だった締め切りを18日に繰り上げたそうです。
※一応: 募金の振込先はココにあります。
  目標額を超えた分は、「呼びかけ人の協議により、3人の方々の
  救援に尽力されたご家族、支援者の経済的負担の一助とさせて
  いただきます。さらに残余がある場合は、イラクへの人道支援に
  寄与する使途に充てさせていただきます」とのこと。

(以下全文転載)
続きを読む
posted by hana at 01:45 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月16日

今日16日の「報道特集」:土井敏邦さんファルージャ報告

ビデオジャーナリストの土井敏邦さんが、11日・12日にファルージャを取材、そのレポートが今日の報道特集であるそうです(10分ほど)。
 5月9日にイラクへ入り、5月11日と12日にファルージャを取材しました。
 やはりファルージャでは米軍の攻撃で悲惨な事件が起こっていました。 どこかパレスチナのジェニンでの出来事に共通するところがあります。その一部を以下のところで報告します。
 ご覧いただき、ご批評をいただければ幸いです・・・

 5月13日  土井敏邦


-------------------------------------------
Iraq Hostage Crisis 5/14の記事から
posted by hana at 14:34 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日16日で終了![東京写真美術館]休戦ライン155マイル 写真で見る38度線非武装地帯の自然 現代の秘境

飛び込み情報、今日がなんと最終日です!

朝鮮半島が38度線に分断されてから50年、
豊かな自然が命を謳歌する人跡未踏の秘境となった非武装地帯を
3年間にわたって撮影した10万枚から厳選展示。

休戦ライン155マイル
写真で見る38度線非武装地帯の自然
現代の秘境
Gendai no Hikyou

@東京写真美術館 http://www.syabi.com/index.html

■会 期:2004年4月24日(土)〜5月16日(日) ※ 5/3(月)は開館
■休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
■会 場:地下映像展示室
■料 金:一般 500(400)円/学生・専門学生 400(320)円/
      中高生・65歳以上 250(200)円

※(  )は20名以上の団体割引料金
  及び東京都写真美術館友の会会員割引料金
※小学生以下および障害をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜日は65歳以上無料

☆友の会割引 三越カード割引 アトレカード割引 がききます

解説など詳しくはHP参照して下さい:
http://www.syabi.com/schedule/details/gendai_no_hikyo.html

東京都写真美術館では、現在このほか
http://truce-info.seesaa.net/article/81754.html
4/3-5/16[東京都写真美術館]没後50年 「知られざる ロバート・キャパ
  の世界展」(これも今日が最終日!)
http://truce-info.seesaa.net/article/81667.html
3/13-6/11東京都写真美術館「アフガン零年(ぜろねん)」上映
東京写真月刊2004 明日のために 日本のドキュメンタリー写真家
  The1960s to the Present」(5/15-6/3)@3階展示室
  が始まっています。

東京写真美術館
http://www.syabi.com/index.html
〒153-0062東京都目黒区三田一丁目13番3号
恵比寿ガーデンプレイス内
電話 03(3280) 0099/FAX 03(3280)0033
地図 http://www.syabi.com/map/map.html
◇JR恵比寿駅東口より徒歩約7分(動く歩道使用)
※専用駐車場無し。
  恵比寿ガーデンプレイス内駐車場をご利用ください。
  (問い合わせ:03-5420-3080)

■休館日
毎週月曜日(休館日が祝日または振替休日の場合、その翌日)
※年末年始は12/28〜1/1まで休館

■開館時間 10:00〜18:00(木・金は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで。1Fホールは上映作品毎に異なります。
※詳しくはチケット売場までおたずねください。


posted by hana at 09:40 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日5/16天満橋】ラストスパートの集い 最後の1週間で5万筆を突破しよう!大阪市平和・無防備条例直接請求署名運動

「無防備平和都市条例」をご存知ですか? この条例は、国際人道法であるジュネーブ条約追加第一議定書第59条に基づくものです。
この条例を制定し、大阪市を戦争しない地域にすることによって、国が有事法制を決めたとしても、地方から戦争協力拒否を発信できる大きなチャンスとなります。
この条例の制定を大阪市に求めるために、4/24から、戦争非協力のまち大阪市をつくる平和・無防備条例直接請求署名運動が始まりました。
(この署名運動について詳しくは前の記事もご参考に)

今晩この署名運動のつどいがエルおおさかで行われます。
また、5万筆の署名を目指して、皆さんの協力を呼びかけています:続きを読む
posted by hana at 09:10 | TrackBack(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日【5/16東京】関組長と外務省前「サマワ、ここが非戦闘地域なの?問合せ行動」

イスラム教シーア派の強硬派指導者ムクタダ・サドル師支持の民兵組織マフディ軍団と、現地のオランダ軍の間で激しい銃撃戦!
それでもこれは<国または国に準ずる者>の<戦闘行為>ではない、と言い張るのかしら?
サマワ、ここが非戦闘地域なの?

それから、外務省に向かって、思いっきり歌を歌いませんか?

http://www.urban.ne.jp/home/accel/lim_jin.htm
「イムジン河」

http://www.tbs.co.jp/zawawa/
「さとうきび畑の歌」

など。
さらに関組長は、
「シュプレヒコールっ!」
「シュプレヒコールっ!」
「辺野古の海に基地なんて嫌ぁ〜んっ!」
「辺野古の海に基地なんて嫌ぁ〜んっ!」
などと羞恥心があるとついていけないシュプレヒコールも繰り返すかも
しれませんが、よろしく。

「サマワ、ここが非戦闘地域なの?問合せ行動」
日時:5月16日(日)16時30分〜17時
場所:http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/address/index.html
    霞ヶ関の外務省(地図↑)

携帯電話090−3859−8417
http://www.sekigumi.org/
関組長

http://www.kantei.go.jp/jp/houan/2003/iraq/030613iraq.html
イラクにおける人道復興支援活動及び
安全確保支援活動の実施に関する
特別措置法

○イラク特措法 第二条3項目 

対応措置については、我が国領域及び現に戦闘行為(国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷し又は物を破壊する行為をいう。以下同じ。)が行われておらず、かつ、そこで実施される活動の期間を通じて戦闘行為が行われることがないと認められる次に掲げる地域において実施するものとする。

○イラク特措法 第八条4項 

防衛庁長官は、実施区域の全部又は一部がこの法律又は基本計画に定められた要件を満たさないものとなった場合には、速やかに、その指定を変更し、又はそこで実施されている活動の中断を命じなければならない。

-----------------------------
以上 CHANCE Action#6707 より
―今日のイベントをまとめてみるならココ
Clip This Article! by MyClip

posted by hana at 04:32 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月15日

明日16日、天木氏トークライブに郡山総一郎さんが急きょ出演

明日5/16の[東京]スーパートークライブ 天木直人VS伊藤真 「オンリーワンでいこう!〜外交×憲法=平和〜」に、人質事件被害者の郡山総一郎さんが来るらしいです。

グローバルピースキャンペーンのきくちゆみさんも特別ゲストで登場、
『テロリストは誰?』フランク・ドリル編集)の特別上映も!

当初の予定よりかなりもりだくさんです。詳細はHPを。

日時:5月16日(日)14:00〜16:00
会場:九段会館
     〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-5
     TEL 03-3261-5521
交通:地下鉄 東西線・新宿線・半蔵門線 九段下駅(4番出口)から
    徒歩1分

参加費:当日=2000円、前売り・一般=1500円、
     学生・伊藤塾塾生=800円

チケットぴあにて発売中 0570(02)9999 
★Pコードは602−821
オンラインでもご購入いただけます!(HPにて)

HPご優待あり!

1.前売り料金クーポン
  本ページのプリントアウトと引き替えに
  1名様あたり前売り料金(1500円)でご入場いただけます。

2.5名様団体割引
  本ページのプリントアウトと引き替えに
  5名様でご来場の場合、一名様分を無料とさせていただきます。
  前売り料金(1名様あたり1500円)4名様分をお支払い下さい。

以上平和政策塾HPより。

―今日のイベントをまとめてみるならココ
Clip This Article! by MyClip
posted by hana at 21:56 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日!【5/16京都市】ピースウォーク 〜自衛隊、帰ってこ〜い!!〜

アメリカ軍による不当な占領と虐殺。
真実から目を逸らせても、
イラクの人々の死と、怒りと哀しみが
消えることなどないだろう。

アメリカに付き従う日本政府は、
未だに「人道復興支援」と言い放つ。
人殺しという共犯の一体どこが
「人道」だと言うのか。
武装するほど怖いなら、
何故、話し合う勇気を持たないのか。
支援をしているというならば、
何故、歓声でなく悲鳴ばかりが届くのか。

誰か教えてほしい。
頭を撃ち抜かれた子どもの殺された理由を。
武器を持たない女性の殺された理由を。
救急車でさえ通れない包囲網の理由を。
支援先の国の人々が殺される理由を。

殺す側の理由などもうたくさんだ!

自衛隊は直ちに帰ってきてほしい。
日本政府は自衛隊を撤退させる決断を。
そして、イラクの占領軍の撤退を
日本から訴えたい。

もうこれ以上、取り返すことのできない命を
どんな理由があれ、奪うことのないように、
世界中へ伝えたい。
恒久の平和を。戦争の永久放棄を。

--------------------------------------------------------
5月16日(日)ピースウォーク 〜自衛隊、帰ってこ〜い!!〜
                     ☆ 雨天決行 ☆
 @御射山公園(ウィングス京都 隣)
   14時 集合 リレートーク
   15時 出発 →烏丸四条→四条河原町→市役所前(解散)

★連絡先・主催 ピースウォーク京都 
http://www1.odn.ne.jp/~ceq25780/pw.htm
pwkyoto@yahoo.co.jp 090−6325−8054
--------------------------------------------------------
「5・16」チラシURLです (PDF:202KB)
http://groups.yahoo.co.jp/group/memo-kyo/files/no_war3/040516pwk.pdf

--------------------------------------------
以上 CHANCEAction#6696より

6月5日土曜日 安田純平さん講演会
  午後2時〜5時@「ひとまち交流館・京都」(大ホール・300名)
  詳細は随時HPに掲載


―今日のイベントをまとめてみるならココ
Clip This Article! by MyClip
posted by hana at 21:33 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日【5/16東京】イラク占領・自衛隊派遣・有事法制反対行動

5月16日(日)
午後2時30分より
水谷橋公園(中央区銀座1−12 ホテル西洋銀座裏 地下鉄銀座線京橋駅徒歩2分)

今すぐイラク占領をやめ、自衛隊は即時撤退を!つぶそう国民保護法案!許すな有事法制!

自衛隊の海外派兵と戦争協力に反対する実行委員会(電話 03−5275−5989)

------------------------------------
以上、情報けいじばん#1049 より
posted by hana at 21:16 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日どようび5/15渋谷】草の実会ラストデモ

50年ラストデモを続けてきた草の実会は、朝日新聞の戦後間もなく新設された"女性専用"の投書コーナー、「ひととき」欄への投稿がきっかけとなり1955年誕生。『戦争は絶対反対』という柱のもと、一人一人が自主的に集まってできました。
子どもの手を引いて会合に参加する母親がたくさんいたそうです。その子どものひとりが、あの『非戦』を出版された坂本龍一さんです。
私は2000年の夏、毎年8月15日に行われる「草の実会8.15反戦デモ」に初めて参加して、彼女たちのものすごさに圧倒され、会員になりました。俗に言う活動家の"業界用語"はビラにも横断幕にもプラカードにもありませんし、大声で叫ぶこともなく、静々とゆっくり歩くのです。先頭には、スピーカー車が1台ゆっくりと、周りの人々に語りかけるように呼びかけながら進みます。なにしろ平均年齢が70代ですから、ジグザグなどやるわけありませんけど、ひとりひとりが危機感を持って歩いている姿は、迫力がありました。
♪こんにちは 草の実会です!♪ 舛田妙子 より)

(以下転載)
5.15.草の実会ラストデモ

5.15.午後1:00 渋谷宮下公園集合

参加者からのスピーチがあったあと
午後2:00ごろ 公園を出発

ガード下をくぐり、NHK方面へのぼったあと
渋谷駅方面へ坂をくだって、再び公園まで

草の実会は、「ひととき」という朝日新聞の女性投稿欄の
読者サークルがもとで、できた会
「平和憲法を守る」ことを会の理念に
子育てや介護など、女性たちの日常にまつわる様々な問題をとりあげ
活動をつづけてきました

20歳だった女性が、70歳まで
たいへんなことだとおもいます

何かを「終える」ということは、何かが「はじまる」ということ
半世紀の時間に敬意を表して。
ずっと歩いてきたひとたちのスピーチがきけるのも楽しみです

そして、わっとにぎやかに、
渋谷の街を歩きたいと思います

よろしかったらどうぞ

p.s.
草の実会について。forumのメールです。参考に。
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0017978
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0018719

(以上は CHANCE Action#6701 より)

===
http://www.din.or.jp/~okidentt/housenka6.htm
より 抜粋

♪♪♪   こんにちは 草の実会です!  ♪♪♪   舛田 妙子

皆さんは、朝日新聞の「ひととき」欄を御存知でしょうか? 戦後間もない時期に新設された、"女性専用"の投書コーナーです。1955年、ここへの投稿がきっかけとなって誕生した「草の実会」は、『戦争は絶対反対』という柱のもと、一人一人が自主的に集まってできました。女性への不当な差別の歴史を背負い、戦争下での犠牲をも強いられた女たちは、噴き出る思いを持ち寄って、それぞれの持つ知性や感性を互いに放電し蓄電し合いながら、平等で平和な社会を目指して活動をはじめました。1本の指揮棒に従って動きがちな集団の多い中、会長も役員もいないこの会の行動は常に会員の意思が起点であり、必要があれば何回でも話し合うことで厳しい時代を乗り越えてきました。
 子どもの手を引いて会合に参加する母親がたくさんいたそうです。その子どものひとりが、あの『非戦』を出版された坂本龍一さんです。今の彼に多くの影響を与えた母親が草の実の会員であることを我が子に伝えましたら、「草の実って、すごいね!」。(どういう意味で、すごいのでしょう?)ともあれ、素直にうれしいことです。
 60年安保闘争はもちろんのこと、日本がおかしな方向に傾く危険を感じた時は必ず、草の実会は行動を起こしました。それは今も続いています。

今、多くの会員は老齢期に入り、それぞれに故障を抱えながらも世情が引退を許しません。若い人たちにたくさんの事を伝えていかなくてはならない生き証人なのです。中心となって活動しているのは70〜80代の方々なので、飛び回ることは難しくなっていますが、まだまだ精神力が旺盛。なにより平和の大切さと歴史の真実をからだと心で知っている、貴重な人材の宝庫と言えるでしょう。

私は2000年の夏、毎年8月15日に行われる「草の実会8.15反戦デモ」に初めて参加して、彼女たちのものすごさに圧倒され、会員になりました。俗に言う活動家の"業界用語"はビラにも横断幕にもプラカードにもありませんし、大声で叫ぶこともなく、静々とゆっくり歩くのです。先頭には、スピーカー車が1台ゆっくりと、周りの人々に語りかけるように呼びかけながら進みます。なにしろ平均年齢が70代ですから、ジグザグなどやるわけありませんけど、ひとりひとりが危機感を持って歩いている姿は、迫力がありました。昔は5月3日にもやっていたそうです。

 もうひとつすごいのが、機関誌の発行です。68〜80ページの内容はすべて会員の寄稿によるもので、編集、校正、割りつけにいたるまで、会員が当番制でこなしているのです。発足以来月1回の発行を続け、今は手が足りないので2ヶ月に1回に減らして、充実した内容になっています。最新号は、462号です。新会員のわたしにも寄稿しなさいと勧めてくださったので、根津公子教諭のおかれている状況を書き始めました。300名余りの会員(誌友)が読んでくださるので、反応もすぐに現れて「石川中裁判を支える会」の会員になってくれる方も出始め、「文化人アピール」にも賛同団体になることが了承されました。『今、中学校では・・・』という連載なので、根津公子教諭の事だけではなく、息子の通う中学校の話や元中学校教師の座談会など、近頃の中学校事情を書かせてもらっています。身近に中学校生がいない会員の方々に好評で、今6回目を執筆中です(まるで作家気分)。これからも裁判の進捗状況や、多摩市教委、都教委の有様、中学、高校の卒業式入学式ルポなど、書いていく予定です。これがわたしに出来る根津公子教諭支援行動です。

最近も
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-05-04/15_01.html

ちょっと前ですが、
http://www.jlp.net/news/990825c.html
posted by hana at 02:40 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【5/15東京】「戦争協力はイヤダ」の声を地域から/三宿自衛隊駐屯地申し入れ・デモ

自衛隊が海外派兵され、イラク軍事占領の一端を担っています。
イラク民衆はいま、軍事占領に対する抵抗闘争に立ち上がっています。これらの闘いの一切を『テロ』と言いくるめ、侵略軍による弾圧・虐殺がますますエスカレートしています。「日本人の人質」問題をめぐっては、治安悪化や日本人が標的になってしまう原因である『軍事占領』と『自衛隊派兵』そのものの問題をすりかえ、 『自己責任論』をキャンペーンしています。政府の戦争政策を批判し、現地の民衆と結びつこうとする自主的な人道支援・報道活動(非政府活動)を否定・排除し、いっさいの活動を政府の監視・統制下におこうとするものでもあります。
3月20日には、「平和のための世界同時行動」が取り組まれ、私たちもそれぞれの取り組みの中で参加し、「イラク軍事占領反対!」「自衛隊の即時撤退!」を訴えました。南西部実行委員会としても、反戦・反基地の闘いを多くの仲間たちと広く取り組むとともに、地域から「戦争協力はいやだ」「自衛隊はイラクから撤兵しろ」という声を大きく上げていきたいと思います。
5月15日10時半、世田谷公園噴水前に集まろう!

5.15沖縄現地闘争と連帯し、地域で闘おう!
立川反戦ビラ弾圧を許さず、取組みを強化しよう!

「戦争協力はイヤダ」の声を地域から 南西部実行委員会
  連絡先 : (tel/fax) 03-3490-0372 Vプロ内

● 5月15日(土) 10時半  世田谷公園噴水前集合
            11時〜  駐屯地申し入れ
            11時半〜12時半 地域デモ
◆世田谷公園でミニ集会 → 三宿自衛隊駐屯地申入れ行動 → デモ
 を取組みます。

<地図URL>
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.38.23.991&el=139.41.05.957&la=1&fi=1&pref=%c5%ec%b5%fe&skey=%c0%a4%c5%c4%c3%ab%b8%f8%b1%e0&sc=4

・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上 [aml 39471] より
posted by hana at 01:57 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月14日

衆院ユージ特別委員会のおそまつ審議、このまま19日委員会採決で20日衆院通過?! ヤバくない?!

衆院有事特別委員会(武力攻撃事態特別委員会 *メンバー一覧)って、いちおう「有事」のこと、より専門的に話し合うためにある、衆議院を代表してる「特別委員会」なのに、その審議の内容ってこんなモノ・・・・・・???
ホントに大丈夫?!

   質問:10万人・100万人が避難だ、さあどうする?
   答弁:都道府県それぞれの事情がありますので、お任せする。

4/20の特別委員会の審議再現:
○吉井委員 ・・・・・それで、上陸攻撃を受けて、あるいはその他の攻撃を受けた住民が避難した経験というのは沖縄戦ですが、鳥取県の住民避難シミュレーションによると、鳥取県東部の全住民二万六千人がバスで陸路兵庫県に避難するのに十一日間要するという。鳥取県主催の第一回国民保護フォーラムで鳥取市が、鳥取市民十二万人を避難させることは検討の余地を超えているということも言っていますね。あなたは今、地方自治体で考えてもらうという話ですが、地方自治体は既に考える域を超えているんですよ
 この鳥取の国民保護フォーラムで陸上自衛隊連隊長が、沖縄戦の住民疎開の教訓で最も重要なのは、戦闘地域に住民を残さないことなど、戦闘地域からの住民の排除、避難の誘導に当たっては、軍事行動に住民避難が障害にならないようにすることに主眼が置かれておりました。これで国民保護を考えていると言えるのか
 井上大臣、聞いておきますが、そもそも一つの県の規模で住民避難などは現実には不可能ということになるんじゃないですか。

○井上国務大臣 鳥取県がどういうような想定でどういうような訓練をされたのかつまびらかには承知をいたしませんけれども、これは考えられる限り、都道府県の段階で、あるいは市町村の段階でよく検討する、国の段階でも検討するのはもちろんでありますけれども。そういう中で、一番効率的に、迅速に避難をする方法をこれからもよく検討していく必要があると思うんですね。
 たまたま鳥取県においてそういう結果が出たからすべてそうだというんじゃなしに、鳥取県だって初めての経験だと思いますので、訓練を積み重ねることによりましてもっと迅速な対応が可能になってくるんではないか、こんなふうに考えます。

鳥取県2万6千人でこれなのに、大阪や東京は・・・・(一番攻撃受けそうなとこじゃない?)。「一番効率的に、迅速に避難をする方法をこれからもよく検討していく」って、実際そんな避難って可能なの?

   質問:この食糧は差し押さえ。さぁ炊き出しだ、配給だ、となったら
       どうするのか。
   答弁:避難民の面倒は自治体でみてもらう。

国に物資差し押さえられて、どうやって自治体が面倒みろと・・・・

   質問:民間人の遺体の処理はどうするのか。
   答弁:戦闘行為が終わって安全が確認されてから遺族が本人確認
       して・・

   質問:武力攻撃事態に緊急の措置がとられるのは理解できるが、
       まだ危険が目前にない「武力攻撃予測事態」にも同様に
       民間の土地、港湾、空港の軍事利用優先が定められている
       のはなぜか

   答弁:武力攻撃がまだじっさいに起こっていなくても、武力攻撃が
       予測される状況であるならば、日本の防衛の観点からできる
       かぎりのことをするということ


「できるかぎりのことをする」って・・・・・やろうと思ったら際限無くできるわけで、「できるかぎりのことをするということ」なんて理由にならないわけで・・・・、
「危険でもないのに必要以上に日本を有事下にしてヒトもモノも動員しちゃおう」って法律だという見方が正しいんじゃないの?

それにこの「危険」がクセモノ。
さきにも書いたように、この「武力攻撃が予測される状況」っていうのは、米軍のお手伝いをしてるから起きる状況なんですよね・・・・・・・・・・
政府自身がこのように:(再び4/20の特別委員会の審議再現)
○吉井委員 上陸という攻撃があって、それで地上戦という想定は比較的イメージしやすいパターンなんですが、せんだって、赤嶺議員の本会質問への答弁では、本格的な侵略事態の生起の可能性は低下しているということを大臣は言っていて、国民保護法制本部の担当者自身がこのようなことは現実にはほとんどあり得ないと言っているわけですね。

有事法制が必要という人に、「北朝鮮が攻めてきたら…」とか言う人がいますが、「国民保護法制本部の担当者自身がこのようなことは現実にはほとんどあり得ないと言っているわけですね。
じゃあどうして有事法制が必要なのか・・・・・つまりやっぱり、これらの政府が作ろうとしている有事法制は、、、、
アメリカの手伝いをして「武力攻撃が予測される」事態になる時のための法案?

アメリカの手伝いして
⇒「武力攻撃が予測される」事態になって
⇒お父さんがアメリカの戦争協力のために働かされ、みんなのお家や
 土地も取られちゃう
 (そして嫌だといったらタイホされちゃうなど罰則付き)

って、これがホントに「国民保護」法案?!
米軍の手伝いをするがためにこんな法案が必要になり、
しかも「国民保護」なんて名前だけで『備えあれば憂いなし』(そーかそりゃーそうだわネエ)と国民の目をくらまして、実は米軍の戦争のバックアップ体制を日本列島・日本国民一億人一丸となって取る(取らせる強制力を国が持つ)ことになるようなこんな法律を作るなんて、
まさしく米軍支援のための法律じゃん?

   質問:ACSA(日米物品役務相互提供協定)では自衛隊と米軍が
       食料、水、宿泊、輸送、燃料、施設の利用、弾薬などなど
       を相互に提供できるようになるわけだが
、緊急事態で
       急遽対応できるのか。
   答弁:有事の時スムーズに実行するには、普段からの訓練が
       必要だ。

学校や職場で、地震・火事に備えての避難訓練に加えて「有事訓練」も始まるんですねえ・・・・で、その訓練の内容って、ふだんから米軍に弾薬まで提供する訓練をするというの?

   本格的な侵略事態の生起の可能性は低下しているということを
   大臣は言っていて、国民保護法制本部の担当者自身がこのような
   ことは現実にはほとんどあり得ないと言っている


のに、日本政府がアメリカの手伝いをしたいがために、私たちこんな目に遭わなきゃいけないの?

昨日13日で審議打ち切り、「19日の衆院武力攻撃事態対処特別委員会で修正案採決、20日衆院通過を目指す方向で最終調整 *」って・・・・・・特別委員会いいんの皆さん、そんなんでいいんかい?

(以下全文転載)
世の中が、年金未納議員のことで持ちきりの中、
びっくりする情報が入ってきました。

緊急事態を国会事後承認 民主の国民保護法修正案
http://www.kahoku.co.jp/news/2004/05/2004051301002990.htm
民主党は13日、有事関連法案の柱である国民保護法案の修正案をまとめた。
14日の衆院有事特別委員会で趣旨説明し、与党側に法案の修正を求める。自民党と民主党は大筋で法案修正に合意しており、共同修正案の形で19日にも委員会採決の運びとなった。

「国民保護法案ウォッチャーズ」のサイトに、記事や国会傍聴記事をあたらしくUPしてあります。また、国民保護法案がいったいどういうものかについての解説や資料も満載です。どうぞご覧ください。
  http://www.ribbon-project.jp/yuji/index.htm

今日の審議やいままでのは、こちらで見られます。
インターネット中継、http://www.shugiintv.go.jp/top_frame.cfm
武力攻撃事態等対処特別委員会

審議の模様を一部ご紹介しましょう。政府の答弁のそっけなさ、他人事のような態度がそら恐ろしく、質問者も深く追及するというより、淡々と質問事項をこなす。儀式の終了に向けて皆が合意しているかのようです。

質問:10万人・100万人が避難だ、さあどうする?
答弁:都道府県それぞれの事情がありますので、お任せする。

質問:この食糧は差し押さえ。さぁ炊き出しだ、配給だ、となったら
    どうするのか。
答弁:避難民の面倒は自治体でみてもらう。

質問:民間人の遺体の処理はどうするのか。
答弁:戦闘行為が終わって安全が確認されてから遺族が本人確認
    して・・

質問:武力攻撃事態に緊急の措置がとられるのは理解できるが、まだ
    危険が目前にない「武力攻撃予測事態」にも同様に民間の土地、
    港湾、空港の軍事利用優先が定められているのはなぜか。
答弁:武力攻撃がまだじっさいに起こっていなくても、武力攻撃が予測
    される状況であるならば、日本の防衛の観点からできるかぎりの
    ことをするということ。

質問:ACSA(日米物品役務相互提供協定)では自衛隊と米軍が 食料、
    水、宿泊、輸送、燃料、施設の利用、弾薬などなどを相互に提供
    できるようになるわけだが、緊急事態で急遽対応できるのか。
答弁:有事の時スムーズに実行するには、普段からの訓練が必要だ。

ふだんから米軍に弾薬まで提供する訓練をするというのです。平時から自衛隊と米軍の一体化がさらに進み、アメリカの戦争に日本が巻き込まれる危険がますます高まるのではないでしょうか。

さて、以下、緊急アクションの提案です。

金曜日から日曜日中に、「武力攻撃事態特別委員会」のメンバーと
 各党本部(特に自民党、公明党、民主党)に、審議続行するよう要請
 するファックスを集中させましょう。来週の衆議院通過の前に強く
 働きかけましょう


 特別委員会メンバーの連絡先、党本部ファックスは以下。
   http://www.itoh.org/kagurazaka/lib/meibo.htm
   自民党本部FAX:03-5511-8855
   公明党本部FAX:03-3225-0207  
   民主党本部FAX:03-3595-9961

 メールでアクションを各方面に呼び掛けてください
 全国各地からファックスを送りましょう。
 テレビで放送されていないので、議員たちは国民が何も知らないと
 思っています。みながチェックしていることを知らせましょう。

 「何にも明らかになっていない、こんなに危険な(大事な)法案を
 こんな審議不十分の状態で採決しないでほしい」に類した短い文面、
 強いメッセージをできれば鉛筆、マジックなどで手書きして送って
 ください。 
 相手の感情、相手の信義に訴えるようなものを優先してください。
 細部にわたる細かな指摘は二の次。多くの個人からファックスが来た
 という実感を与えることが大切。継続審議を求める切実な思いを伝え
 ましょう。

 以下、短いメッセージの例をリストアップしますので、これらを参考に
 自分の関心にあるものを自分のことばで書いてください。リストを
 羅列することのないようにお願いします。
  
 ●インターネットで審議の様子を見て驚いた。こどもの将来が不安だ。
   もっと議論してほしい。
 ●こんなに重大な法案がテレビなどのメディア、世論から見えないとこ
   ろで決まるなんて恐ろしい。国民にもっと説明してほしい。
 ●たくさん欠陥のありそうな法律。ちゃんと内容を吟味して、国会議員
   の責任を果たしてほしい。公聴会も開かずに審議打ち切りなど
   言語道断。
 ●もっと議論してほしい。将来の国のありかたを決めてしまうような
   法案をこんなにいい加減な審議だけで決めては困る。
 ●立法機関の責任を果たしてほしい。できないなら税金を返して
   ほしい。
 ●アメリカにやりたい放題にさせるためのものに見える。ちゃんと
   歯止めをかけてほしい。日本をアメリカに売らないで!
 ●イラクでアメリカがやっていることの非人道性を見れば、アメリカに
   ついていけば何とかなるという考えが間違いなのは明らか
   日本が憎悪の的、テロの標的になるのが恐ろしい。
 ●政府の間違いをしっかりチェックするのも与党の責任のはず。
   国民を騙してこんな法案を通したら、歴史に汚点を残す。
 ●政府や与党と安易に協定を結ぶのでは、「政権を担える責任
   ある野党」の資格はない。しっかり内容をチェックして民主党の
   独自色を出してほしい。
 ●国民保護法案には、国民の協力は「自主的」とあるけれど、協力
   しないときに罰則規定があるそれなのに政府はいかにも
   そうしたものがないがごとく答弁しているそんな政府のごま
   かしを追求しないのはおかしい。 
 ●こどもや孫が生きる社会が戦争準備のために変容して行くのが恐ろ
   しい。
 ●「緊急時だから人権が制限されるのはやむを得ない」という論理を
   安易に認める雰囲気にしっかり歯止めをかけてほしい。
 ●この国民保護法案では、高齢者やこどもへの具体的な配慮は
  ない。これではぜんぜん保護の名前に値しない
 ●学校で愛国心がこれからもっと押し付けられる。のかぜったい許せ
  ない。
 ●戦争ができる「普通の国」なんかになりたくない。
 ●緊急の事態には緊急の対応が必要だからと、民主的なプロセスを
   軽視したことがまかり通りそう。また、本当の武力攻撃事態では
   なくて、「武力攻撃予測事態」から、自衛隊や米軍の活動が最優先
   されるのはおかしい。
 ●平時から訓練が必要だと言うが、不必要に仮想敵国を作り出し、
   他国に脅威を与えて危険のないところに危険を作り出すことには
   ならないかを、しっかり議論してほしい。
 ●アメリカに弾薬まで提供することを許す法案は憲法違反なのは
   明らか。それによって日本の安全が確保されるどころか
   アメリカを憎悪する世界中の勢力から標的にされ、日本人の命
   は大きな危険にさらされることになる
 ●民主党の要求が表面的に認められれば、具体的に中身がどう
   でもいいと言うのか。そんないい加減な党には票は入れ
   られない。
 ●委員会の政府答弁を見ていると、人権が守られる気配はまったく
   ない。見た目は用語などがソフトだが、際限なく戦前の国家
   総動員法に近いものだ。
   もし「そんなことはない」というなら、ひとつひとつ示して
   ほしい。
 ●戦争などの緊急時にはしっかりした法律があっても、権力の乱用が
   心配されるもの。法律は最大限、権力を制限するものでなけ
   ればならないはず。法治国家であることを示してほしい。
 ●外から攻撃される可能性が10万分の1あるからと、毎日の生活
   を牢屋の中のように変え、しかも他国に不必要な脅威を与える
   ことで、危険を10分の1にするような愚策はやめてくれ

O各テレビ局に、こんな重大な法案を取り上げないのはおかしい
 とファックスと電話、メールで働きかけてください。

 http://www.geocities.com/ceasefire_anet/tv.htm

 パソコンからFAX送信する方法もあります。こちらをご覧になって
 ください。
 「FAXをパソコンから直接送ろう」(by ゴン・ネット)。
 http://www.gon-net.jp/windows/xp/fax/fax.htm

チラシをつくって、みなさんにお知らせしてください
 各種チラシは以下のサイトから自由にダウンロードして印刷できます。
 http://www.ribbon-project.jp/yuji/shiryo.htm


衆議院を通過しても参議院があります。でも、ここで今少し大きなうねりを起こせるかどうかが決定的な意味を持ちます。動くのは今です。

「ひとこと手書きFAXアクション」、やってみよう!

posted by hana at 21:46 | TrackBack(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナンチャッテ国民保護法案、公聴会も行わずに審議打ち切り?

いったい、議員さんたちは、、、

      有事関連7法案+3条約、
      ちゃんと全部読んだの?
      読んでないでしょ〜
      夏休みの宿題にしましょうね(^^!
       (From CHANCE Action#6693 by 関組長)

有事7法案・条約3案件は、法文だけで40万字、対照表などを加えると60万字という膨大なもの(『戦争法制13の疑問』 自由法曹団 より)。
ホントに議員の皆さん、ぜんぶきちんと読んだんでしょうか・・・・・

60万字は読みたくないけど、マンガくらいならよめるでしょー 爆弾

  ★ マンガつき 有事法制意見チラシ
  ★ マンガで読む国民保護法案チラシ


前者より:
日本の安全とは関係なく
アメリカの戦争に参加する?


 アメリカが海外でおこした戦争を手助けする法律はこれまでもありました(周辺事態法)が、有事法制は、日本が武力攻撃をうけなくても、日本国民やその財産を強制的に動員できるようにするために、整備されようとしています。

米軍の戦争支援が無制限に
 これまでできなかったことですが、米軍が戦争をやっている地域に自衛隊が出かけて、弾薬を提供できるようになります
(米軍行動円滑化法案、ACSA 改正案、自衛隊法改正案)

空港・港・テレビを軍事優先に
 県や市などが管理していた港や空港は、米軍の戦争のために、米軍優先でつかわれます。マスコミも政府が言うがままの放送も流さねばならなくなります
(特定公共施設利用法案、国民保護法案)

「国民保護」を口実に国民を強制動員
 国民保護という名目で、国民の土地や家、物資を強制的にとりあげることや、民間人を強制動員することがもりこまれています。逆らえば、懲役刑などにされます
(国民保護法案)

 日本にいるみなさんは、まったく平和にくらしていても、海外でアメリカとどこかの国が険悪になり、その米軍に自衛隊が給油などで協力していたら、じっさいに攻撃されなくても「攻撃が予測される」として、法律が発動されます。
 そして、ヒト・モノなどが強制的に動員され、したがわない国民には懲役刑などが科せられます。
 世界中で戦争をおこしているアメリカ、それに従う日本。いま現実味のある危険はこのケースです。

「悪の枢軸を倒せ〜〜!!!」と、今までアフガン、イラクでやってきたように、アメリカが号令をかけたら 、、、、、、

先日の人質事件を考えてみましょう。
5人が人質にされたのは、自衛隊派遣に反感をもつ、(政府曰く)「テロリスト」達のしわざでした。
今でも米軍に給油したり、米兵や物資を運んだりして、日本の自衛隊は米軍に協力しています。
もしこのままこれらの法案が通ったら・・・・・

  米軍に自衛隊が給油などで協力していたら、じっさいに攻撃されなく
  ても「攻撃が予測される」として、法律が発動されます。
  そして、ヒト・モノなどが強制的に動員され、したがわない国民
  には懲役刑などが科せられます。

なのです・・・・・
そんなの、ムチャクチャや〜〜〜
これじゃあムッチャかんたんに「有事」になり、私たちの生活はいっきに戦時下の統制のもとに置かれてしまいます。
ホントはただ、アメリカが「悪の枢軸」「テロリスト」に戦争を仕掛けているだけなのに・・・・・・

そんなのはいやだーー という皆さん。
ぜひ以下のサイトをよんでみてください:

  「国民保護法案」をご存知ですか?

国民保護法案ウォッチャーズ Blog を読めば、指回し運動でいそがしい川口ガイムダイジンなどの、国会かんさつにっきもみられます。

そしてもうさっそくやる気になってしまった皆さん。
上のサイトのウォッチャーズの皆さんの、<緊急アクション>の呼びかけがあります。ぜひ協力してください。
この金・土・日が勝負です。


posted by hana at 12:07 | TrackBack(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【今日!5/14日比谷】イラクからの自衛隊撤退を求める女性とジャーナリストの緊急集会

安田純平さん、ザ・ニュースペーパーも来ます。しかも入場無料! 無料

ザ・ニュースペーパー って?
HPより:

    このウィット笑いますか?
    ●アメリカの大統領が就任演説で言った
       「私はこの国から二つの事を無くしたい。
           一つは人種差別であり、
           もう一つはニガー(黒人)だ」

    ●日米交渉で米国が日本に向かい詰問した
       米国 「YES or NO 態度をはっきりしろ」
       日本(しばし協議をして) 「 or 」

社会風刺劇団「ザ・ニュースペーパー」
1988年、昭和天皇重病による「歌舞音曲自肅」の嵐の中、国内外の政治、経済、事件、芸能・・・モロモロの社会現状を笑いに転換すべくパワーで結成されたコントグループ、それが『THE NEWSPAPER』(ザ・ニュースペーパー)。
難しいことをやさしく、やさしいことを深く。その時々の「旬なニュース」を素材にして、1本5分〜10分のコントに仕上げ舞台化。表現豊かな役者が演じる様々な人物から、ニュースの裏に隠された社会の本質が見えてくる。政治家の表現、特に歴代総理大臣は他にまねの出来ない得意分野。
評論家からは「物まねではなくて思想模写だね」という言葉を頂いた。
最近のテレビに出ている、いわゆる「お笑いタレント」とは異なり、政治も取り上げられる社会派風刺コント集団である。

■「笑い」で作る短編芝居集■
年2回の東京公演を軸に全国での公演を展開。旬なニュース、話題のコントをオムニバス形式で綴るエンターティメントなニュースショー。古い話題は切り捨て、常に新しいニュースに取り組んでいる。

参考 ザ・ニュ−スペーパー「イラクからの最新報告」 http://bbs12.otd.co.jp/truce_bbs/bbs_plain?base=671

6/19神奈川の「教育基本法改悪反対! 6.19神奈川集会
にもザ・ニュースペーパーが出演します。

(以下イベント情報の転載)
イラクからの自衛隊撤退を求める女性とジャーナリストの緊急集会
5月14日(金)18時半〜20時 
場所:日比谷野外音楽堂
出演:辛淑玉さん、ザ・ニュースペーパー(松下あきら)、安田純平さん他
入場無料 無料
集会のみ、デモなし

呼びかけ人:労組女性委員長(日本新聞労働組合:明珍委員長、航空労組連絡会:内田議長、日本医療労働組合連合会:田中委員長)
協力:日本ジャーナリスト会議(JCJ)

問合せ先:新聞労連 TEL03−3265−8641

http://www.jcj.gr.jp/movement.html

------------------------------
以上、YUJI*STORYけーじ板#1764 より
posted by hana at 05:25 | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
:: Index ::  
今日のイベント5月イベントカレンダー6月イベントカレンダー
常時継続しているイベント・署名・賛同者募集etc.ピースグッズ


まとめてみる4月5月6月人質事件ニミエルモノ
テーマ別にみる日本の茶色化にストップ! 行動しようぜんぜん守ってくれてない ナンノタメ 国民「保護」法案ファルージャメディア小泉退陣復興支援?NGOアブ・グレイブ私にできること彼らの安否

■日本◇政府・マスコミ、政党・国会議員◇電話・FAX・E-mail先リスト

電話、ファックス、Eメールで、あなたのメッセージを、
政府・マスコミ、政党・国会議員に伝えて下さい。



◇・◆子どももオトナも読める "ノンフィクション" えほん◆・◇
「戦争のつくりかた」 発刊!
政府の決めようとしてる有事法制って、こんなになっちゃうの?!
※マンガ(PDFファイル)とあわせて読んでみてね

えほん「戦争のつくりかた」 WEBで配信中!**PDF版; 同じ版で製本したモノを300円で買うこともできます。詳しくはWEBへ**

「備えあれば憂いなし」って、何のための備えナンデスカ、小泉サン?!
しっかり国会で説明してください! こんな答弁で通しちゃダメえ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。